不動産がその場で査定できる!不動産売却王

配偶者居住権

2020年4月1日施行の民法改正によって新たに創設された。

配偶者が相続開始時に居住していた被相続人の所有建物について、配偶者がその建物を相続しなかったとしても、その使用または収益を認める権利である。

以前は、自宅以外の相続財産があまり無いといった場合、他の相続人と分割することが困難なために自宅を手放さなくてはならないというケースがあったが、それを解決する手段として創設された。

つまり、配偶者居住権によって、居住している自宅については従来の「所有権」と、使う権利としての「居住権」を別々に設定できるようになった。

遺産分割、被相続人による遺贈・死因贈与、家庭裁判所の決定のいずれかによって配偶者に配偶者居住権を取得させることもできる。

なお、配偶者居住権の設定について登記が必要である。

配偶者居住権によって居住できる期間は、原則として終身であるが、遺産分割協議等で定める期間とする場合もある。

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。