不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

土地を売却する際の流れについてご紹介します!

不動産売却コラム

土地を売却しようとお考えの方は、売却の流れについてご存じでしょうか。
土地を売却する際の流れを把握しておくことで、売却計画が立てやすくなります。
しかし、どのような流れで売却が行われるのかご存じない方もいらっしゃると思います。
そのため、本記事では土地を売却する際の流れについてご紹介します。

売却する前に準備したほうが良いこととは

土地を売却する際の流れを見る前に、まずは売却する前に準備しておいたほうが良いことをご紹介します。
まだ売却活動していない方や、不動産会社と契約を結んでいない方は、ぜひ以下のことを行ってみてください。

1つ目は、土地の相場を把握しておくことです。
土地売却の際は、ご自身の土地にどれくらいの価値があるのかを客観的に知ることが重要です。
そのため、国土交通省のサイト等を利用して確認してみましょう。

2つ目は、必要書類を用意することです。
売却を円滑に行いたい方は、あらかじめ必要書類を用意しておきましょう。
特に、登記に関する書類を用意しておくことをおすすめします。

3つ目は、土地の情報を整理しておくことです。
土地の情報を整理し、理解しておくことで、買い手の方とのコミュニケーションが円滑に進みます。
買い手との信頼関係を築くという点でも、土地の情報を整理しておくことは重要だと言えるでしょう。

4つ目は、土地をきれいな状態にしておくことです。
空いている土地を長い間放置してしまうと、雑草が生えるなどして印象が良くありません。
そのため、売却することを決めた方は、一度土地をきれいな状態に戻しておきましょう。

売却する際の流れについて

では、次に土地を売却する際の流れについてご紹介します。
皆さんも具体的に想像しながらご覧ください。

はじめは、土地の査定をします。
土地を売却するためには、その土地がいくらで売れる可能性があるかを知ことが大切です。
そのため、まずは査定をしてもらいましょう。
また、当サイトはその場で査定できるため、ぜひご活用ください。

次に、不動産会社を選び、媒介契約を結びます。
査定価格の妥当性を吟味し、信頼性の高い不動産会社を選びましょう。

次に、売却活動を開始します。
不動産会社と取り決めた契約に従って宣伝を行っていきます。
買主と売買条件を交渉する際は、不動産会社に相談しながら慎重に進めましょう。

最後に、買主と売買契約を結びます。
そして、決済完了後に土地の引き渡しを行います。

まとめ

本記事では、土地を売却する際の流れについてご紹介しました。
あらかじめ流れを把握しておき、しっかりと準備しましょう。
また、その際にぜひ当サイトもご利用ください。

不動産を売却する際の方法についてご紹介します!

不動産売却コラム

不動産を売却することをご検討している方は、売却方法にはどのようなものがあるかご存じでしょうか。
不動産を売却する方法はいくつかあり、それぞれ特徴が大きく異なります。
本記事では、不動産の売却方法の種類をご紹介します。

不動産売却の種類について

不動産の売却方法は大きく分けて3つあります。
みなさんは基本的に、この3つから選ぶことになるでしょう。

まず1つ目は、仲介です。
この方法では、不動産会社に売却活動を行ってもらい、買主との売買契約が結ばれた場合はその成功報酬として仲介手数料を払います。
仲介のメリットは不動産会社がいろいろな方法で売却活動を行ってくれることです。
デメリットには、仲介手数料を支払う必要があることが挙げられるでしょう。

2つ目は、買取です。
この方法では、不動産会社に直接不動産を売却します。
買取のメリットは、仲介手数料がかからないことです。
しかし、買取では仲介と比較して売却価格が大きく下がる可能性があることはデメリットでしょう。

3つ目は、個人間売買です。
この方法では、不動産会社を介入せず、すべて個人で完結させます。
個人間売買のメリットは、仲介手数料が発生しないことと、個人間の取引であるためお互いの条件がそろい次第売買契約ができることです。
しかし、個人間売買では専門家の介入がないため、契約後にトラブルが発生しやすいことはデメリットでしょう。

不動産会社の選び方について

上記では不動産の売却方法の種類についてご紹介しました。
もちろん、売却方法も重要ですが、仲介や買取ではどのような不動産会社に依頼するかも大変重要です。
そのため、本記事では不動産会社の選び方についてご紹介します。
まだ依頼する不動産会社を決めていない方は、以下のことに注意して選んでみてください。

1つ目は、売却する能力が高い会社を選ぶことです。
また、売却する能力が高い会社を見分ける際は、その会社の提案内容や専門性、実績、囲い込みを行っていないかなどから判断すると良いでしょう。

2つ目は、信頼できる営業マンのいる会社を選ぶことです。
また、信頼できる営業マンかどうかを見分ける際は、宅建士の資格を保有しているか、売却仲介経験が長いか、疑問点などに親身になって答えてくれるかなどから判断すると良いでしょう。

まとめ

本記事では不動産の売却方法の種類として、仲介と買取、個人間売買をご紹介しました。
売却する際のご自身の状況に応じてどの売却方法が良いか決めましょう。
また、当サイトはその場で査定が行えるため、ご自身の状況把握の一環としてぜひご利用ください。

新年のご挨拶

イベント, ニュース, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

いつもホームページをご利用いただきありがとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
不動産プラザの宇和川です。

本日から仕事始めとなりました。
みなさまはお正月、いかがでしたか?
私は例年以上に寝正月となり、体重を増やしてしまいました( ;∀;)

日常に戻ったのでこれから少しずつ戻ることを願いながら、
ストレッチくらいから無理なく始めようかなと考えているところです…。

さて、
1/9(土)からは売却フェアが始まります!
春は入学や転勤などがあり、
不動産の購入意欲が高まる時期でもあります!

不動産プラザでは売却査定を無料で行っております。
すぐに売却に至らなくても大丈夫!
この機会にお持ちの不動産の価格を調べてみませんか?

まずはご相談ください!

http://y.f-plaza.co.jp/
082-430-5581
営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

不動産の売却と買取はどう違う?それぞれの特徴をご紹介!

不動産売却コラム

不動産売却を検討している方は、仲介売却と買取の違いに戸惑った経験はありませんか。
「表記方法が異なるだけで行うことは同じなのでは」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、両者の違いを理解していないと損してしまう可能性があります。
今回は、仲介売却と買取のそれぞれの特徴をお話しします。

仲介売却について

まずは仲介売却とは何かをご紹介します。
仲介売却とは、不動産会社が売主である皆さんに代わって、買主を探してくれることです。
また仲介売却の特徴の1つは、売主である皆さんが具体的な売り出し価格を決められることでしょう。

仲介売却のメリットは、比較的高い金額で売却できる可能性があることです。
その理由は、買取と違いご自身で売り出し価格を決められるからです。
売却方法にもよりますが、査定額や相場より高い金額で売れることもあります。
そのため、できるだけ高い金額で売りたい方は、仲介売却を検討すると良いでしょう。

次に、デメリットについてです。
デメリットは不動産が売れない可能性や売却までに時間がかかる可能性があることです。
売り出し価格が適正でも、立地条件が理由で売れ残ってしまう場合もあります。
また、内覧の手配などを考慮すると、買取と比較して時間がかかってしまうことはデメリットでしょう。

買取について

次に、不動産買取とは何かを見ていきましょう。
不動産買取では、不動産会社が不動産を買い取ります。

比較的迅速に買取に対応してくれる場合は「即日買取」と呼びます。
また、仲介売却の要素が少し取り入れられた「買取保証」という方式もあります。
ご自身にとってどちらが良いかは、不動産会社の方に相談した上で決めると良いでしょう。

まず、買取のメリットをご紹介します。
1つ目は、仲介手数料がかからないことでしょう。
また、買取額をすぐにお金に変えられる特徴もあります。
すぐに売却や現金化したい方には、魅力的なポイントの1つでしょう。

次に、デメリットについてご紹介します。
デメリットは、売却価格が市場価格よりも安くなるケースが多いことです。
不動産会社にとって、皆さんから買い取った不動産は新たな商品であるため、確実に利益を上げられる価格で買い取る必要があります。
そのため、買取価格は市場価格より安くなることが多いでしょう。

まとめ

本記事では、仲介売却と買取について詳しくご紹介しました。
どちらが良いかは、ご自身の状況に合わせて判断しましょう。
また、当サイトでは不動産の査定をその場で行えるため、ぜひ有効活用してください。

土地が売れなくてお困りの方必見!売却の際のポイントを紹介します!

不動産売却コラム

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて土地をお持ちの方で、なかなか売却できない方はいらっしゃいませんか?
「早く売却したいのに売れなくて焦っている」という方もいらっしゃると思います。
そのため、本記事では売却できない理由として考え得ることと、売却するための改善点をご紹介します。

売却できない理由とは

ここでは、売却がうまくいかない理由についてご紹介します。
下記の項目に当てはまる方は、もしかするとそれが原因かもしれません。
なかなか売却できない方は、ご自身の状況と比較しながらご覧ください。

まず1つ目は、買主が見た目では確認できない部分への不安を解消できていないことです。
具体的な不安要素には「その土地の地盤は強いのか」「地質の状況が悪くないか」などがあるでしょう。
このような土地の見えない部分に対する不安が、買い手の購入を阻んでいるかもしれません。

2つ目は、土地の面積が狭すぎる、あるいは広すぎることです。
買い手が個人の場合は、一戸建てを建てるための土地を探している方が多いです。
そのため、土地が広すぎる場合や、反対に一戸建てを建てられないほど狭い場合は敬遠されるでしょう。

3つ目は、売り出し価格が高いことです。
周辺相場よりも高値で売られている土地は、売れ残ってしまうでしょう。
適切な売り出し価格を見極めるためには、周辺相場を把握していることが大切です。

土地を売却するにあたって重要なポイントとは

ここまで、土地が売れ残ってしまう理由について解説しました。
では、売れない土地はどのような方法を用いれば売却できるのでしょうか。
本記事では、2つの方法をご紹介します。
皆さんもぜひ試してみてください。

1つ目は、売り出し価格を安くすることです。
この方法は、具体的な売却金額の目標がない方や、安くても売りたい方におすすめです。
具体的には、査定価格から約20パーセント下げると良いとされています。
しかし、売り出し価格の値下げに関しては、ご自身だけで判断せず、依頼している不動産会社の方と相談してから決めましょう。

2つ目は、土地の条件に関するポイントです。
具体的には、土地の確定測量を行い、隣地所有者立ち合いのもと土地の境界をはっきりさせることが挙げられます。
また、土地の面積が広すぎる方は、土地を分筆して売却すると良いかもしれません。
その際には、接道義務や宅地建物取引業法の規定に注意しましょう。

まとめ

今回は、土地が売れない理由と売却するための方法をご紹介しました。
土地が売れない状況には理由があるかもしれないこと、そして売るための方法があることを把握した上で、ご自身の土地の売却状況を再確認すると良いでしょう。
また当サイトでは、不動産の査定をその場でできるため、ぜひ活用してみてください。

中古住宅の売却を検討中の方へ!築年数と売却の関係について紹介します

不動産売却コラム

「中古住宅の売却を検討している」
「築年数がかなり古い住宅を所有しているけど、ちゃんと売れるかが不安」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

中古住宅を売却する際には、価格面について気になりますよね。
そこで今回は、築年数と売却価格の関係と、早めに売却した方が良い住宅の特徴についてご紹介します。

築年数と売却価格には関係がある?

築年数が古い住宅を売却したい場合、売れにくかったり価格が安くなったりしないか不安ですよね。
やはり、住宅は築年数が浅い方が状態が良い場合が多いことから、築年数が経てば経つほど価格が安くなりやすいです。
ここでは、もう少し具体的に、築年数と売却価格の関係について確認していきましょう。

まず、築年数が10年経っていない住宅に関しては、購入時の価格の5割ほどで取引される場合が多いです。
もちろん住宅によって異なりますが、築10年になると価値が新築時の半分くらいになると言われています。
そのため、価格も5割ほどになってしまうのですね。

次に、築年数が15~20年の住宅に関しては、購入時の価格の2割ほどで取引される場合が多いです。
2割と聞くと、かなり安いと感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に売却されている住宅の多くが、築15年を超えている場合が多いです、
そのため、市場価値で見ると平均程度になっている場合が多いと言えるでしょう。

最期に、築年数が20年以上の物件は、価値がかなり小さくなってしまいます。
ここまでくると、土地をメインで売却することになると考えておくと良いかもしれませんね。

早めに売却した方が良い住宅の特徴とは?

ここでは、早めに売却した方が良い住宅の特徴を2つご紹介します。

まず1つ目は、過疎化が進んでいる地域にある住宅です。
過疎化が進んでいる地域では、住宅の価格がかなり下落しやすいです。
今後も下落していくことを考えて、早めに売却を検討しておくと良いでしょう。

2つ目は、間取りが個性的な住宅です。
間取りが個性的であると、買い手の方が見つかりにくくなる可能性があります。
しかし需要自体はあるため、できるだけ早く買い手を見つけられるように、しっかりと準備をしておきましょう。

まとめ

今回は、築年数と売却価格の関係と、早めに売却した方が良い住宅の特徴についてご紹介しました。
価格の相場は築年数によって異なるので、ご自身の住宅がどのような状態であるのか、事前に確認しておきましょう。
また、早めに売却した方が良い住宅の特徴に当てはまる場合には、ぜひ売却も検討してみてくださいね。

春の不動産売却に向けて!年始売却フェアのお知らせです。

イベント, ニュース, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

いつもホームページをご利用いただきありがとうございます。
Yes!で始まる住まいの出発駅
イエステーション東広島店より年始売却フェアのお知らせです!

2021年1月9日(土)~
不動産売却フェアが始まります。

春は転勤や入学等があり、
多くの方が新生活への準備を行っている1月~3月は不動産の購入が盛んになります。
売却をご検討の方は春こそ売却の準備時です!!
まずは無料売却査定からご相談ください!

お客様や不動産によって売却方法は様々です。
イエステーション東広島店では「売却ガイド」を使用し、
売却までの流れや売却に関わる諸費用など
分かりやすく丁寧にお客様一人ひとりに合った売却方法を提案致します。

1月9日(土)から始まるフェア期間中にご相談いただいた方に
もれなくイエステーショングッズを差し上げます!

ぜひこの機会にお持ちの不動産について考えてみませんか?

お気軽にお問い合わせください。
※ご来店の際は事前にご予約いただくとご案内がスムーズです。

http://y.f-plaza.co.jp/
082-430-5581
営業時間 9:30~18:00/定休日:水曜日、祝日(平日)

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

家はいつ売る?中古住宅を売却するおすすめの時期について紹介します!

不動産売却コラム

「いつ住宅を売ろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却する際には、適した時期に売却したいですよね。
しかし、最適な時期について分からない方も多くいらっしゃると思います。
そこで本記事では、中古住宅を売却したい方に向けて、おすすめの時期についてご紹介します。

売却のタイミングの決め方とは

それでは、売却するタイミングの決め方を解説していきます。

1つ目は、相場の動向を見て決める方法です。
買った際の価格よりも高い価格で売れれば理想的ですよね。
不動産の相場は長い目で見ると波があると言われており、その中での相場の上下の動向を見定められれば、おのずと売却するタイミングが見えてくるでしょう。
価格が安い時期に買った不動産を、高い時期に売るとお得ですよね。

しかし、相場についての詳細な動向を完璧に見極めることは、不動産の専門家でも困難なことです。
長いスパンでの動向は掴めても、短いスパンでの細かい価格の上下を予想することは難しいからです。
そのため、買った時よりも相場が上がっていれば、売っても良いと言えるでしょう。

2つ目は、季節によって変化する売りやすさを重視して決める方法です。
不動産を売りやすい季節は存在します。
例えば、日本では4月で年度が変わりますので、多くの方が新生活への準備を行っている1月〜3月では不動産の購入が盛んになります。
そのため、この時期を狙って売却を行えば、より売却しやすいでしょう。

以上のように、タイミングを見計らって、納得のいく売却をしてみてくださいね。

時期を逃さずに売るコツとは

中古住宅を売却するタイミングの決め方についてご理解いただけたと思います。
それでは、時期を逃さずに売却するためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、早めに準備しておくことが挙げられます。
準備を始める時期の目安としては、売りたい時期の約6ヶ月前を推奨します。
6ヶ月の中には、相場を調べること、査定を行うこと、購入希望者の内覧、契約、決済などが含まれています。

もし今すぐに家を売りたい方は、買取を利用するのがおすすめでしょう。
買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらう方法で、よりスピーディーに売却できますよ。

まとめ

今回は、中古住宅を売却したいと考えている方に向けて、売却するのにおすすめの時期について紹介しました。
ぜひ本記事の内容を参考にしていただき、納得のいく売却を行っていただきたいと思います。

当サイトでは簡単に査定ができますので、今すぐに結果を知りたい方はぜひ利用してみてください。

中古住宅を売却する際の流れについて解説します!

不動産売却コラム

中古住宅を売却したいと考えている方はいらっしゃいませんか。
「心の中では売却したいと考えているけど、まず何をしたら良いの」「どのような流れで進むのか分からない」と踏み留まっている方もいると思います。
そこで本記事では、そのような方のために、中古住宅を売却する際の流れについて解説します。

売却する理由を知りましょう

皆様が中古住宅を売却したいと考える理由は何でしょうか。
ぜひ立ち止まってよく考えてみてください。
理由を明確に把握することで、ご自身の要望や経済状況を明らかにできます。

よくある理由としては、生活スタイルの変化や家族構成の変化、環境や経済状況の変化などがあります。
例えば、「来年から転勤になったから住み替えたい」と思う方もいらっしゃるでしょうし、「子供の成長に伴って広い住宅にしたい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

ご自身で、なぜ売却したいのかを考えることで、売却をいつ行う必要があるのかが見えてきます。
時期をイメージできると、その時期の経済状況も予想できるでしょう。

売却の流れについてご紹介!

それでは、売却する際の流れについて解説していきます。

まずは、売却についての相談が必要です。
ローンは残っているのか、不動産の相場はいくらぐらいなのかなど、売却を行う際のイメージを作りましょう。
その際には、専門家の力を借りるのがおすすめです。

次に、物件の確認や調査を行い、査定をしてもらいましょう。
物件の資産価値を見積もるために、実際に見てどのような状態なのかを確認してもらいます。
また、周辺の不動産の相場の動向などを考慮して、詳細に査定してもらいます。
当サイトでは、簡易査定を今すぐに行えますので、気になる方はぜひご利用ください。

次に、不動産会社との媒介契約を結び、売却活動を行います。
査定結果や周辺の事例、お客様ご自身の要望を考慮して契約を結びましょう。
売却活動を行う前には、購入を考えている方が内覧に来ても良いように掃除や整理などを含めて準備します。
具体的な売却活動には、ネットやチラシへの掲載、オープンハウスなどがありますので、ご自身にあったものを利用しましょう。

購入希望者が現れると、売買契約に移ります。
この段階で希望者の条件を聞き、すり合わせをしてください。
合意にいたれば、必要な書類を用意して契約します。
契約後には、ローン残債の完済や抵当権の抹消などの手続きを行い、引き渡しをする必要があります。

最後に、決済を行って引き渡しをします。
以上のような流れになることを把握しておきましょう。

まとめ

今回は、中古住宅を売却したいと考えている方に向けて、売却の際の流れについて解説しました。
売却に悩んでいた方には本記事をご覧いただき、手続きの全体像を把握していただければ幸いです。

当サイトでは、売却をお考えの方をサポートいたします。
簡単に査定を行えますので、ぜひ一度ご利用ください。

【 不動産売却王】

書類が苦手な方必見!中古住宅の売却での必要書類を紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却を行いたい方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、手続きを行う際に必要な書類を揃えるのが面倒に思って、なかなか気持ちが進まない方も多いと思います。
必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。
そこで今回は、中古住宅の売却で必要な書類を紹介します。

書類は早めに揃えておくのが大事

注文住宅の売却には、一連の流れがあります。
その流れの中でも、買い手を見つけるのは簡単なことではありません。
そのような中で、良い買い手が見つかった際には売買契約を結びます。

この売買契約において、相手からは円滑な手続きが望まれていると考えておいて良いでしょう。
円滑な手続きを心がければ、良い関係を築けるとともに条件交渉で有利になることもあるかもしれません。

そのため、住宅関係の書類は日頃からまとめておき、いざとなればすぐに準備できるようにしておくことが大切です。
必要なタイミングが決まれば、再度書類の有無を確認して、なければ準備するというように早めの行動を意識しましょう。

必要な書類とは

それでは、中古住宅の売却の際に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、土地・建物登記済証です。
こちらは、登記名義人であることを証明するためのものです。

次に、固定資産税・都市計画納税通知書です。
こちらに関しては、市区町村役場で発行されていることを覚えておきましょう。
税金の確認や、税金の負担割合の清算をするために準備しておきます。

その他にも、建築確認通知書や建物の図面、物件状況等報告書、設備表なども必要になる場合があります。
これらは、住宅がどのような状態なのかを知るために必要でしょう。
法にのっとって建築されていることを確認しているか、土地の境界線や建物の正確な構造はどのようなものか、現在の建物の状況はどのようなものか、住宅の中に設備はあるかなどを知るために準備します。

さらに、売買契約書に貼り付ける印紙も必要です。
印紙代は、売却額によって変化します。
また、印鑑証明書や本人確認書類なども準備しておきましょう。

このように、中古住宅の売却では様々な種類の書類が必要です。
必要な書類は不動産会社によって異なる場合がありますが、日頃からまとめておき必要になった際にすぐに準備してくださいね。

まとめ

今回は、中古住宅の売却で必要な書類について紹介しました。
売却を決めたら、本記事で紹介した書類を早い段階から準備しておきましょう。
当サイトでは、今すぐに簡易査定を行えますので、中古住宅の売却をお考えの方はぜひ一度ご利用してみてはいかがでしょうか。