不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

「不動産売却コラム」カテゴリー記事の一覧です

土地が売れないという方必見!土地売却の注意点と高値で売るコツを紹介します

不動産売却コラム

「土地の売却を考えているが、失敗したくない」
「土地を高値で売りたいけど、コツがわからない」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
しかし、不動産の売却は多くの方が経験したことないですよね。
そこで今回は、土地売却をお考えの方に向けて、土地売却の注意点と高値で売るコツを紹介します。

土地売却の際の注意点とは

不動産売却は、
・売却相場の調査
・不動産の査定
・不動産会社の選定
・媒介契約の締結
から始まります。

不動産を売却する際は会社に査定してもらい、売却活動を行います。
しかし、自分でも相場を知っておいた方が良いでしょう。
周辺の類似物件の価格、過去の取引データだけでなく、路線価や固定資産税評価額などの公的価格も調べることをおすすめします。
不動産の価格には明確な決まりはありません。
そのため、多角的に調査しましょう。

不動産の査定及び会社選定の際は、当サイトをご利用ください。
当サイトは、一括査定サイトとは異なり、その場で不動産の価格を知れます。
詳細な査定が気になる場合、一社だけに査定の依頼を出せます。

一括査定サイトであれば、複数の会社に査定依頼をすることになるため、営業の電話が押し寄せる可能性があります。
しかし、当サイトは一社のみに査定依頼をするため、無駄な電話に対応することはありません。

媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。
それぞれの特徴をしっかりと把握して、契約を結ぶようにしましょう。

土地を高くうるコツとは

土地の売却をお考えの方は、できる限り高値で売りたいですよね。
しかし、土地の売却は難しく、売れないことが多くあります。
そのため、ここでは高値で土地を売却するコツを紹介します。

1つ目のコツは、土地相場をチェックすることです。
先ほど紹介した内容を参考にして、相場をチェックしてください。
相場を調べる際は、先ほど紹介した当サイトも参考にしてください。

2つ目のコツは、土地の見た目を整えることです。
土地が更地であったり、空き家が放置されていたりすると、見た目の印象が良くないですよね。
そうした状態のまま土地を売り出しても、なかなか買い手が見つかりにくいでしょう。

土地をきれいに整備していれば、少し値段を高めに設定しても、売れる可能性は上がるでしょう。

まとめ

今回は、土地売却をお考えの方に向けて、注意点を紹介しました。
土地売却は売却相場、不動産査定、会社選び、媒介契約という流れです。
それぞれの場面で注意点があるため、慎重に進めましょう。
土地が売れないと困っている方は本記事を参考にして、土地売却を成功させていただければ幸いです。

土地の売却を検討中の方へ土地売却で気をつけることを紹介します

不動産売却コラム

「土地を売却したいけれど、何に注意して進めていけば良いのかわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
多くの方にとって、土地を売却することは初めての経験にあたると思います。
そこで今回は、土地売却をする前と後で、気をつけることを紹介します。

土地売却前に気をつけることについて

ローンを完済する

土地を所有している方の中には、ローン付きで購入した方が多いでしょう。
そのローンを払い終えない場合、その土地は売却できません。
このローンの支払いには、現在貯金している金額だけでなく、土地を売却した際に得られる利益も当てられます。
そのため、貯金額と売却価格の合計がローンの残高を上回っていた場合、その土地は売却できます。

土地の境界線を測量する

土地の売却において、その境界線をしっかり測量することは大切です。
その境界線を曖昧にして売却すると、後に塀や樹木の越境の問題に発展することがあるでしょう。
特に、都市部に土地を所有している方は、狭い土地が細かく区切られているため、問題が起きやすいと言われています。
境界線を測量する際には、測量士という専門家がいるため、専門家に頼むことをおすすめします。

相続した土地の相続登記をする

相続した土地の売却を検討されている方は、相続登記が完了しているのか確認する必要があります。
所有者の名義を変更する相続登記が行われていない場合、土地の売却はできません。
相続のみ行う場合、相続登記を行う必要がなく、行わない方がいらっしゃるため、忘れやすいポイントです。
相続登記を行う際は、ご自身でも行えますが、多くの書類や時間が必要なため、司法書士に依頼するケースが多いです。

土地売却後に気をつけることとは

土地売却後に売却益が出た場合、確定申告を忘れないようにしましょう。
売却益とは、売却金額から取得費や諸経費などの費用を差し引いた金額です。
この利益は、給与所得とは別の扱いになるため、たとえ会社員であっても、別途申告・納税する必要があります。
確定申告を忘れていたり、遅延したりする場合、延滞税という罰則があるため、注意しましょう。

まとめ

今回は、土地を売却する際に気をつけることを、売却前と後に分けて紹介しました。
土地を売却しようと考えていても、条件を満たしていなければ売れないため、注意が必要です。
注意するポイントが何かを頭に入れて、トラブルを起こすことなく、土地の売却を進めましょう。

土地の売却でお悩みの方へメリットを紹介します

不動産売却コラム

土地を保有している皆さん、土地の売却をご検討されたことはありますか。
土地や建物などの保有不動産は上手に活用できていて収益を得られているならば問題ありません。
しかし、そうでない場合は、売却を検討された方がいいかもしれません。
今回は、土地売却のメリットについてご紹介します。

土地売却のメリットについて

まずは土地を売却するにあたってのメリットをいくつかご紹介します。

資産を現金化できる

はじめのメリットは土地という資産を現金化できることです。

住宅ローンや金融機関からの借金等がある場合でも、土地の売却によって得た現金をそれらの返済に充てられます。
住宅ローンなら完済時に銀行保証料が戻ってきますし、その他の借金等がある場合でも完済することで今後の利子負担がなくなります。

これに加えて、売却金を元手に新たな不動産を購入することや、相続した土地を現金化することで遺産分配をスムーズに行えるでしょう。

土地の維持費や税金の負担がなくなる

土地は放っておくと雑草が生い茂ったり、不法投棄をされたりするのでメンテナンスにお金がかかります。
さらに、土地を使用していなくても、保有しているだけで固定資産税や都市計画税といった税金の納める義務が発生します。

これらの支払いの心配をする必要がなくなることも、土地売却のメリットの1つでしょう。

土地の値下がりリスクを回避できる

土地も含めた不動産は、市場や土地周辺の環境によって値段が上下します。
例えば過疎地などに土地を持っている場合はこれからその不動産価値が下がっていく可能性は高いです。

仮に売却価格が購入額を下回っていたとしても、その地域の不動産価値が下降トレンドにある場合は、早期に売却を行うことが値下がりリスクを回避できる有効な手段となるでしょう。

土地売却時に気を付けるべきポイントについて

次に土地を売却する際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

まずは隣地との境界線をはっきりさせましょう。
実測図という書類に記載されている土地の範囲が、実際の土地の状況と同じでない場合があります。
そういった場合は話し合いや専門の相談センターへの相談によって境界線を定めましょう。

また、農地を売却する際には、特別な制限があるのでしっかり確認しましょう。
農地を農地のまま売却する場合と、地目転用して売却する場合では手続きが異なります。
売却の形式を選んでから必要な許可申請を行いましょう。

まとめ

今回は、土地の売却のメリットについてご紹介しました。
売却の選択をすべきかどうか各事例によって異なりますので、ご自身の所有地の情報等を再確認された上でご検討くださいね。
土地の売却を検討されている方は、ぜひ当サイトをご活用ください。

中古住宅の売却をお考えの方へ気になる手取りについて紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をご検討中の皆さんは、売却時に手に入る手取り価格の相場はご存知ですか。
住宅売却時には様々な費用が必要となるので、手取り価格は売却額よりも少なくなります。
正確な手取り価格についての知識があれば、損をする可能性も減らせるでしょう。
今回は中古住宅の手取り価格についてご紹介します。

手取り価格を算出する際に必要な諸経費について

不動産売却時にかかる費用には、仲介手数料、印紙税、登記費用、ローンの精算、譲渡税の5つがあります。
それでは実際にこれらの費用がいくらぐらいかかるかを、2000万円の家の売却を例にして見ていきましょう。

まずは仲介手数料が66万円掛かります。
この仲介料は不動産の価格×3パーセント+6万円という式を用いて計算できます。

次に印紙税で、こちらは不動産の価格に比例して高くなるものの、それほど高額にはならないでしょう。
上記の物件の場合、印紙税は1万円になります。

不動産の売却時には、抵当権を抹消するための費用として登記費用が必要です。
これは不動産1個につき1000円かかると覚えておいてください。

売却される物件の多くが、購入時に借りた住宅ローンが残っていますが、これらは売却前に支払う必要があります。
売却を検討される場合は、ローンの残債を確認しましょう。

最後の譲渡税ですが、これは物件や土地によっても異なるので、事前にシミュレーションを行なっておきましょう。
上記の物件の譲渡税の相場は約300万〜400万円が相場です。

ローンの残債にもよりますが、これらの諸費用を合計して売却額から引くと、手取りは思っていたより残らないことが分かります。
売却をお考えの場合、まずはこれらの費用とだいたいの手取りを確認しましょう。

手取りは売却額のどれくらいか

これらの諸費用に加えて知っておきたいことは、手取りの相場は売却額の3〜5パーセント少なくなることです。
この手取り額を少しでも多くする方法には、査定前に住居の清掃を行って少しでも部屋の印象を良くする方法があります。

これらの知識を踏まえて行動することが、少しでも多くの手取り額を確保することにつながります。

まとめ

今回は、中古住宅販売時における手取り額について紹介しました。
手取り額を把握することは、今後の新居購入などのライフプランを立てる際に必要になってきます。
以上の情報を元にご自身のマイホームの手取り額を概算してみてくださいね。
この他にも不動産の売却に関してのご質問がございましたら、お気軽に当サイトまでご連絡ください。

中古住宅の売却を検討中の方へ売却の流れについて紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をご検討中の皆さん、不動産売却時の具体的な流れはご存知ですか。
不動産を売却する際には様々な手続きが必要なので、自分が思っていた通りに物事が進むか不安ですよね。
そんな時でも売却時の大まかな流れを知っておくことで安心感が生まれます。
今回は中古住宅の売却の流れについてご紹介します。

中古住宅の売却時の具体的な流れについて

まずは売却の時期を決定します。
自分のライフプランや税制の特例期限などを元にして、適切な売却時期を見極めましょう。
住み替える場合は、引っ越し先への入居時期も考えた上で判断してください。

この時に、不動産の相場を確認しておくことも重要です。
やはり少しでも高い売値がついた方が嬉しいですよね。

次に不動産会社に査定を依頼して、売り出し価格を決定します。
査定価格はあくまで目安なので、これを元にして売り出し価格を決めてください。

売り出し価格を決めたら、実際に売却活動を開始します。
この段階から購入希望者との交渉が始まり、お互いが同意したら売買契約を結びます。
契約時には必ず重要事項を自身で確認してください。
この契約締結時に売主は手付金を買主から受け取り、不動産会社に仲介料の半分を支払います。

最後にあらかじめ決めておいた日時に買主への不動産の引き渡しを行い、売却が完了します。
この時にスムーズに鍵の引き渡しを行えるように、事前に買主としっかりコミュニケーションをとっておきましょう。

中古住宅売却時の注意点について

ここではいくつかの中古住宅を売却する際に注意しておきたいポイントを紹介します。

はじめに、査定額と実際の売値は異なることを理解しておきましょう。
高い価格を設定していつまでも売れなければ、売れ残り物件と判断されるかもしれません。
不動産仲介会社と念入りな相談をした上で、適正な価格設定を行いましょう。

これに加えて、不動産仲介会社を慎重に選定することも重要です。
査定額のみを基準にして選ぶのではなく、実際に担当者と話してみて売り手に寄り添った提案をしてくれるかどうかで判断しましょう。

ここで紹介した注意点を参考にして、中古住宅の売却を進めてください。

まとめ

今回は、中古住宅販売時の流れについて紹介しました。
冒頭でも述べたとおり、これらの流れと注意点を頭に入れておくことで、よりスムーズに住宅を売却できるでしょう。
中古住宅の売却をご検討中の皆さんは、ぜひ当サイトを利用して、マイホームの査定額を確認してみてください。

中古住宅の売却でお悩みの方へ減価償却について紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をご検討中の皆さん、減価償却の仕組みはご存知でしょうか。
一般の方で、会計の知識をお持ちでない方は、減価償却という単語は馴染みのないものかもしれません。
しかし、不動産を売却するにあたってある程度理解しておいた方が良いでしょう。
今回は中古住宅の減価償却についてご紹介します。

不動産販売時に計上する減価償却とは

減価償却とは土地以外の固定資産の価値を、使用年月などを元にして減少させることです。
土地は何年経っても価値は変わらないとされていて、不動産の減価償却は建物の価値の減少を割り出すものです。

土地の値段はその土地が購入された日時に左右されませんが、建物の場合は建築されたのが昔であるほど、その建物の価値は下がっていくのは納得ですよね。
不動産売却時に減価償却を行う必要があるのは、その建物の現時点での価値を正しく判断し、適正な販売価格を割り出すためです。

どのように減価償却を計算するのか

ここでは具体的な減価償却の計算方法をご紹介します。
減価償却の計算方法は住居用と事業用の建物で変わりますが、今回は住居用建物の売却時に用いられるものをご紹介します。

減価償却を計上する際には、定額法を使用します。

定額法について

定額法とは建物の耐用年数がなくなるまで、毎期ごとに均等額を取得費から差し引いていきます。
この耐用年数とは会計上のどれくらいの期間その建物を使用できるかを示すもので、その建物の寿命ではありません。
定額法による1期分の減価償却費は、取得価格×定額法で求められます。

まとめ

今回は、中古住宅の販売時における減価償却費の計算方法について紹介しました。
見慣れない用語があったかもしれませんが、これらの基本事項を抑えておけば専門家が計算してくれる時も何が起きているのかを理解できるので安心ですよね。
中古住宅の査定をお考えの方は、ぜひ当サイトをご覧ください。

中古住宅の売却したい方必見!売却にかかる期間について紹介します

不動産売却コラム

中古住宅の売却をご検討中の皆さん、マイホームの売却にどれくらいの期間がかかるかご存知ですか。
売却にかかる時間の目安を知っておけば、次の家への引っ越しのタイミングや新居の予算なども計画できますよね。
今回は中古住宅の売却に要する期間についてご紹介します。

一般的な売却期間について

中古住宅を売却するのにかかる期間の目安は、一般的に3〜11ヶ月とされています。

このように期間に幅がある要因としては、販売条件や販売価格はもちろんのこと、販売時期などがあげられます。
例えば、引っ越しが多くなる春先などのシーズンに売却時期を合わせれば、より早く買い手が見つかることもあるでしょう。

これらに加えて、仲介業者の手腕にもよるところが大きいです。
過去の利用者などのレビューなども参考にしながら、仲介業者は慎重に選んでくださいね。

売却期間が延長してしまう理由とは

住居の売却に、思っていたより時間がかかってしまう方がいらっしゃいます。
そのような場合、いったい何が原因だったのでしょうか。

売り出し時の条件が適正でない

まずは売値が適正な価格であるかを確認しましょう。
相場よりも高すぎても安すぎても良くありません。
また、買い手が少ない時期に売り出すことも、売れ残りの原因でしょう。
これらの要素を加味して、適正な時期に適正な価格で売り出すことが、売り出し期間の短縮へとつながります。

適切な不動産会社選定が出来ていない

上記にもある通り、不動産会社の選定は非常に重要です。
販売力の低い会社を選んでしまった場合、価格交渉や売却手続きがスムーズに行われず破談となることがあります。
また、売却時に重要なのは、何よりもスピードであることを覚えておいてください。

売主の売却意欲不足

いくら不動産会社が頑張って宣伝してくれても、実際に興味を持った人が内覧に来た時に部屋が散らかっていたり、売主の態度が悪かったりすると、契約を成立させるのは難しいでしょう。

全てを不動産会社に丸投げしてしまうのではなく、売主側も自分たちで出来る範囲の努力をすることが大切です。
部屋をきれいにしたり、丁寧に対応したりすることを心がけるだけで、売れる可能性は高まるでしょう。

まとめ

今回は、中古住宅の売却にかかる期間について紹介しました。
上記の売却にかかる目安の時間と、売却を早めるコツを参考にして納得のいく形でマイホームの売却を行ってくださいね。
中古住宅の売却に関してさらに情報を得られたい方は、ぜひ当サイトをご覧ください。

売却フェア無料相談会が始まります!

イベント, ニュース, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの宇和川です。

いつもホームページをご利用いただきありがとうございます。
Yes!で始まる住まいの出発駅
イエステーション東広島店より売却フェアのお知らせです!

不動産プラザで7月13日(月)より売却フェアが始まります!

・売却までの流れが知りたい。
・住宅ローンが残っているけど売れるの?
・相続した古屋の管理が大変で売却を考えている。
など不動産に関するお悩み相談会を実施しています。

イエステーションオリジナルの「売却ガイド」を使用し、
東広島市売買専門の担当が丁寧にご説明致します。

フェア期間中にご来店や訪問査定のご依頼をいただいた方には
イエステーションオリジナルグッズのプレゼントをしております!
ぜひ、この機会にご相談ください!

※ご来店の際は事前にご予約いただくとご案内がスムーズです。

 

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183

土地の売却を検討中の方へ売却の方法を紹介します

不動産売却コラム

土地の所有者の皆さん、土地の売却方法はご存知ですか。
土地を売却する際には不動産会社の選定や適正価格の調査など、いくつか抑えておくべきポイントがあります。
売却を検討中の方は、これらの事項を知っておけば役立つでしょう。
そこで今回は、土地の売却についてご紹介します。

土地の売却の流れについて

まずは具体的な土地の売却の流れについてご紹介します。
それでは全7ステップを見ていきましょう。

はじめに自分が売却する土地の用途や性質を知りましょう。
また、その土地が住居用の地域にあるのか、商業用の地域にあるのかも確認してください。
隣り合った土地との境界線をはっきり定めておくことも重要です。

次に売却予定の土地の適正価格について調べましょう。
国道交通省地価公示や全国地価マップなどの信ぴょう性のある検索サイトの利用がおすすめです。

売却予定地の目安の売却額や性質を把握した後に、信用のおける不動産会社に売却依頼を出します。
この時に売却価格について話し合っておくとよいでしょう。
不動産会社の選定は売却時において非常に重要なので、慎重に行ってください。

会社の選定が終わり次第、選んだ不動産会社と媒介契約を結びます。
契約の締結後、不動産会社は土地の売却活動を開始します。

買い手が見つかれば、お互いに同意事項を確認しましょう。
同意事項に問題がなければ、売買契約を結びます。

こうしてここまでのステップが無事に完了したら、最終段階である土地の引き渡しと入金が行われ、全ての手続きが完了です。

土地の売却時に抑えるべきポイント

土地を売却する際にはいくつかの抑えるべきポイントがあります。
ここでは以下の3つをご紹介します。

売却予定地の土地相場の確認

より早く、より高額で土地を売るためには、売却予定地の価格の相場を正しく理解することが必須です。
方法としては上記でも紹介した通り、全国地価マップや土地総合情報システムをご利用ください。

土地売却に定評のある優良不動産会社の選定

知名度や会社の規模のみにこだらず、その会社が得意とする地域なども考慮して会社選びを行いましょう。

土地の整備をする

土地の外観の整備も大事です。
ゴミが散乱していたり、雑草が生い茂っていたりすると見栄えが良くないですよね。
減額交渉をされないためにも、売却前に土地の手入れを行いましょう。

まとめ

今回は、土地の売却する方法について紹介しました。
土地売却時の大体の流れはご理解いただけたでしょうか。
上記の流れとポイントを抑えて、納得のいく土地売却をしてくださいね。
土地売却をご検討中の方は、ぜひ当サイトをご活用ください。

【売却コラム】相続前か相続後か、実家を売却する時の注意点とは?

ニュース, 不動産の知識, 不動産売却コラム, 東広島市

こんにちは。
不動産プラザの宇和川です。

不動産プラザではホームページ内に
「不動産売却に関するコラム」を開設致しました!

今回のテーマは「相続前か相続後か、実家を売却する時の注意点とは?」です。

https://blog.f-plaza.co.jp/2020/06/19/%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e5%89%8d%e3%81%8b%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e5%be%8c%e3%81%8b%e3%80%81%e5%ae%9f%e5%ae%b6%e3%82%92%e5%a3%b2%e5%8d%b4%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%af/

不動産売却をお考えの方はぜひご購読してみてください。

不動産プラザでは不動産売却に関するご相談や査定などを無料で行っております。
また、イエステーションオリジナルの「売却ガイド」を使用し、
東広島市売買専門の担当が丁寧にご説明致します。

お気軽にお問い合わせください。
※ご来店の際は事前にご予約いただくとご案内がスムーズです。

 

 

不動産プラザでは
無料で土地、戸建、マンションに関する不動産売却のご相談を受け付けています!

・ローンの残債があるけど売れるの?
・家が古いけど大丈夫?
・賃貸と売却とではどちらが良いの?
・売却したときにかかるお金ってどれくらい?
・相続した不動産の価値が知りたい。

など不動産に関する様々なご相談を受け付けています!

まずはお気軽にお問い合わせください(*^▽^*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~東広島で不動産を売るなら・買うなら!不動産プラザ~

↓↓↓不動産プラザスタッフ紹介↓↓↓

http://y.f-plaza.co.jp/contents/code/office_info/1

↓↓↓株式会社不動産プラザ↓↓↓

広島県東広島市西条昭和町12番58号

TEL:082-430-5581

~不動産の売却無料査定のご相談を受け付けています。~

詳しい担当が売り方など丁寧に説明いたします!

↓↓↓地域の専門家!不動産プラザのホームページはこちら↓↓↓

イエステーション東広島店:http://y.f-plaza.co.jp/

賃貸はこちら:https://www.f-plaza.co.jp

↓↓↓「暮らし楽しむ部屋づくり」ちょっと上いくリフォーム賃貸↓↓↓

https://www.reform-chintai.com/

代表:082-422-8181 FAX:082-422-8183