不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

賃貸借契約

賃貸借契約とは、ある人物が他人の所有物を使用収益することを目的として、ある一定の約束の下、有償で借り受ける契約のことである。

賃貸借契約では、貸す側を「貸主」または「賃貸人」と呼び、借りる側を「借主」または「賃借人」と呼ぶ。
また、賃貸借する対象が土地の場合は賃借人のことを「借地人」、建物の場合は「借家人」と呼ぶ場合もある。

賃貸借契約は双務契約であり、諾成契約である。

例えば、アパートを借りて住む場合、住む人(賃借人)は大家(賃貸人)と賃貸借契約を結ぶことになる。
この時、賃借人は賃料の支払いと、退去時の原状回復の債務を負うことになり、賃貸人は目的物(アパートの部屋)の引き渡しと修繕の債務を負うことになる。

賃貸借契約のうち、特に建物の所有を目的とした地上権又は土地の借地権等の場合は、「借地借家法」が適用される。
その他の場合(駐車場など)は、民法が適用される。
また、建物の所有が目的でも、使用貸借(無償での貸し付け)の場合は借地借家法は適用されない。

また、建物の賃貸借契約には、通常の建物賃貸借契約(「普通借家契約」)と定期建物賃貸借契約(「定期借家契約」)がある。

普通借家契約の場合は、賃貸借期間の満了時、正当な事由が無い限り、賃貸人は契約の更新を拒否することができない。(賃借人の権利が保護される)

一方、定期借家契約の場合は、期間満了に伴い契約は終了する。
ただし、双方の合意による再契約は可能である。

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。