不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

マンションに住んだままでも売却可能?居住中の売却について解説します

「現在住んでいるマンションをそろそろ売却したい」
このようにマンションの売却を検討している方の中には、「売却活動をする前にマンションから出る必要があるのかどうか知りたい」とお考えの方もいらっしゃると思います。
実は、マンションに居住中でも売却はできます。
マンション居住中の売却について詳しく解説します。

マンションに住んだままでも売却できます

冒頭でもご紹介したように、マンションに住みながら売却活動を進めることは可能です。

マンションを売りたい理由は、人それぞれ違いますよね。
「転勤になったので家族みんなで引っ越すことにした」
「親から譲り受けたマンションを手放したい」
このように、1人1人で違う目的があると思います。

現在誰も住んでいない物件はもちろん売却できますが、誰か住んでいても売却はできます。
そのため、引っ越し先が確定するまでの期間に、住居に困ることはないでしょう。
また、仮住まいを準備する必要もなく、費用面でもできるだけ押さえた形で売却できます。

実際に、現在お住まいのマンションで生活をつづけながら売却をする方は非常に多いです。
「しかし、そうは言っても立ち退いてから売却をした方が良いのではないか」とお考えになるかもしれませんね。
居住中に売却活動を進めることについてより深く知るために、そのメリットやデメリットをご紹介していきます。

住んだままマンションを売るメリットとデメリットとは?

ここからは、住んだままマンションを売るメリットとデメリットについて紹介します。
まずは、メリットです。

1つ目のメリットは、希望者の様子がよくわかることです。
住んだまま売却活動をしていると、必然的にマンションの購入者と話をしたり顔を合わせたりする機会が多くなります。
誰も住んでいない状態で売却の手続きを進める場合、不動産会社に完全に任せっきりになってしまうケースが多いです。

一方で、マンションに住んでいる状態で手続きを進める場合は、その状態の住宅に購入希望者の方が内覧に来ます。
そうすると、購入希望者の人柄や様子が知れますね。

それらをよく把握しておけば、値引き交渉を持ちかけられた時の対応の方針も決まってくるでしょう。
また、トラブルを避けるためにも取引相手として信頼できるか見極められます。

2つ目のメリットは、内覧者にアピールできることです。
空き家の状態で売り出した場合は、不動産会社に内覧を任せることが多いです。
しかし、住んでいるままだと売主が内覧者に立ち会いをすることが多くなります。

実際に売主自身が同席することで、マンションの魅力や立地のメリットなど実体験を交えて伝えられるでしょう。
その物件の魅力やメリットを熱意を持ってアピールすることで、成約につながりやすくなるかもしれません。
人柄を気に入ってもらえたり信頼に足る人物であることも評価されたりすると、購入してくれる可能性が上がるでしょう。

3つ目のメリットは、内覧者が生活のイメージをしやすいことです。
居住者が生活している状態で行う内覧では、家具や家電などを配置したまま行います。
そのため、内覧者からすると、家具を置いた状態の部屋を観察できるので生活のイメージがしやすいです。

空き家で何も物がない状態で、広い部屋だと感じていざ家具などを置いてみると狭く生活しにくいと感じることもあります。
居住中のマンション売却は、そのイメージのギャプが生まれにくいので、購入希望者側にもメリットがあると言えるでしょう。

4つ目のメリットは、引っ越しまで環境を変えなくて良いことです。
繰り返しにはなりますが、住んだままの売却では仮住まいを確保する必要がありません。
そのため、それらの費用も抑えられます。
環境をコロコロ変えなくて済むのも魅力ですね。

次に、デメリットをご紹介します。

1つ目のデメリットは、内覧の日時を調整する必要があることです。
マンションの売却において、内覧は 日時を調整して、時間を確保する必要があります。

日時を調整するためには、売主の都合、買主の都合、不動産会社の都合の全てを考慮する必要があるので、なかなか予定が合わない場合もあります。
そのため、仕事などでお忙しい方は負担に感じるかもしれません。

2つ目のデメリットは、掃除を頻繁にする必要があることです。
内覧希望は、突然連絡入ることが多いです。
また、「できるだけ早く見たい」と要求してくる方もいらっしゃるでしょう。
その際に、掃除が間に合わなくて散らかっている状態ではせっかくの部屋の広さがわかりにくかったりしますので不要なものが広がらないように保っておく必要があるのです。
これらの点に注意して、売却活動に挑むようにしましょう。

居住中のマンションを売る時のポイントをご紹介

続いては、居住中のマンションを売る時のポイントをご紹介します。
少しでも高く売るためにも、これから紹介する内容を参考にしてみてください。

1点目は、掃除をすることです。
掃除をしっかりしたと思っていても、生活をしていると住宅にはあっという間に汚れが溜まります。 内覧がある前には、掃除をしっかりすることをおすすめします。

特に水回りの掃除は、入念に行うようにしましょう。
水回りは、衛生的であるかをよく観察されるポイントです。
水垢やカビなどは、しっかりと対策を講じておきましょう。

また、換気をしておくことも大切です。
知らず知らずのうちに室内には生活の臭いがこもっています。
臭いを感じさせないためにも、内覧前には窓を開けて換気しておくのがおすすめです。

2点目は、室内を広く見せる 工夫をすることです。
室内を広く見せるためのポイントは、できるだけ床に物を置かないこととです。

室内が広く見えるのは、床がどれくらい見えているかと比例します。
そのため、床に置く物を移動したり、可能なら数を少し減らすなど気をつけましょう。

また、白をベースとした部屋は広く見えます。
大きく変えるのが難しいですが、 ソファーのカバーを変えたりテーブルクロスを白基調に変えたりするだけでも効果がありますよ。

3点目は、出迎え準備をすることです。
内覧時には、訪問者が緊張しないように簡単に挨拶 をし、出迎えるとよいでしょう。室内用のスリッパとバルコニー用のスリッパを用意したり飲み物を出したりするのも効果的です。

居住中マンションを売る時の注意点について

住んだままマンションを売る場合は、現在のマンションの引き渡し日までに新居に引っ越しできるかが重要です。
引き渡し日を過ぎても新居に入居できる状態でないと、仮住まいを確保する必要があります。
メリットを最大限に享受するためにも、引き渡し日までに引っ越しを済ませましょう。

それを考える上では、売却先行と購入先行が大切なポイントとなります。

売却先行とは、住んでいるマンションの売買契約を先に終わらせて住み替え先の住宅を後から探す方法です。
この場合、予算などの条件を満たした住宅を短い期間内で探し出す必要があります。
また、マンションの引き渡し日までに間に合わす必要もあるので、少し負担に感じてしまうかもしれないので注意しましょう。

購入先行は、住み替える先の住宅を先に決めておくことです。
マンションの売却が長引いてしまうと、引き渡し日と引っ越し日にズレが出る可能性があるでしょう。
引き渡し日と入居日を合わせられるように日程を調整しましょう。

まとめ

今回は、居住中のマンションを売る際のポイントや注意点について解説しました。
この方法での売却には、さまざまなメリットがあることもお分かりいただけたと思います。
自宅マンションを住みながらでも売却は可能なので、売却を検討している方は、ぜひこの機会に手続きを始めてみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。