不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却時はリノベーションしたほうがいい?疑問にお答えします

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
売却前にリノベーションするべきか悩まれている方も多いのではないでしょうか。
どのような場合に売却前にリノベーションが必要なのでしょう。
今回は売却前にリノベーションをする方が良い場合としなくても良い場合をご紹介します。

売却前にリノベーションしたほうが良い場合とは

中古住宅を売却する際、売却の前にリノベーションするかどうかはとても難しい選択です。
ここでは売却前にリノベーションしたほうが良い場合をご紹介します。

とにかく高く売りたい方にはリノベーションをおすすめします。
リノベーションをすると、新築住宅のようにきれいになるため価値が高まります。
価値が高い住宅であれば、中古住宅でも高額で売っていてもおかしくはありません。
特に水回りや壁はリノベーションするのとしないのとでは、住宅の見え方が大きく異なるでしょう。

しかし、中古住宅をお探しの方の多くは、安い住宅を探している傾向にあります。
そのため新築並みに高額な中古住宅は売れにくいです。
リノベーションして価値を高める際には、売り出し価格が高くなりすぎないようにすることをおすすめします。

売却前にリノベーションしなくても良い場合とは

次に売却前にリノベーションしなくても良い場合をご紹介します。
リノベーションしなくても良い場合は、築浅の中古住宅の場合です。
築浅でもリノベーションしたほうが良い印象を持ってもらえるのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、築浅の中古住宅であるだけで中古住宅の中では優良物件と判断されやすいです。
そのためわざわざ売り出し価格が高騰するリノベーションをしなくても良いと言えるでしょう。
リノベーションをして高額になると、買われにくい傾向にあります。

さらに近年では中古住宅を安く買って自分でリノベーションしたい方も増えています。
安い中古住宅を購入して自分でリノベーションするのが一般的な流れになっていると言っても過言ではないでしょう。
そのため、相当な欠陥がない限りは、リノベーションしなくても良いです。

まとめ

今回は中古住宅の売却の前に、リノベーションしたほうが良いのかをご紹介しました。
リノベーションするかどうかは、住宅の状態やリノベーション前と後の売却価格を比較して、判断の参考にすると良いでしょう。
当サイトでは不動産売却のお手伝いをしているので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。