不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却する際に必要な諸費用について詳しく解説します!

住宅の購入の際には必ず費用がかかりますよね。
売却の際も同様にさまざまな費用が必要になります。
ただ、売却の際にかかる費用についてはあまり詳しく知られていません。
そこで今回は、中古住宅を売却する際に必要な諸費用について解説します。

売却の際に必要になる費用とは?

売却の際にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

まず代表的なものとして仲介手数料が挙げられます。
中古住宅の買い手を探すのは個人ではなかなか難しいため、一般的には不動産会社に仲介を依頼して買い手を探します。
その際に必要となるのが仲介手数料です。

仲介手数料とは買い手が見つかった際に不動産会社に支払う報酬のことです。
こちらは成功報酬となっているため、買い手が見つからなかった場合は支払う必要はありません。

次に挙げられるのは印紙税です。
こちらは、不動産売買契約書を作成する際に必ず必要になるものです。
印紙代は不動産の売買価格によって異なるため、事前に調べておくことをおすすめします。

以上が売却の際に必要になる主な費用です。

その他に必要になることがある費用をご紹介!

中古住宅を売却する際は、先ほどご紹介した以外にも費用がかかります。
ここではその他の費用についてご紹介します。

まず挙げられるのはハウスクリーニング費用です。
中古住宅の魅力をアップさせるためには、部屋を綺麗にしておく必要がありますよね。
その際におすすめなのが、ハウスクリーニングです。

ハウスクリーニングは費用がかかりますが、自分で掃除するよりも隅々まで掃除してもらえます。
内覧に備えてなるべく綺麗にしておきたいという方は、ハウスクリーニングの費用を調べておきましょう。

次に挙げられるのは土地の測量費用です。
土地の測量は必須ではありませんが、土地の境界線は明確にしておいた方が良いしょう。
理由としては、売却後に買主と隣地の所有者との間でトラブルに発展してしまう恐れがあるからです。

また、土地の境界線が明確でない場合は、買い手もリスクと捉えて、なかなか売れにくくなってしまう恐れがあります。
そのため、境界線が明確に分からない場合は測量をおすすめします。

この他にも売買契約書の作成費用や、売却に関わる書類を作成するための費用などが必要になります。
意外にもさまざまなところで費用がかかるため、ゆとりを持った資金計画を立てておく必要がありますね。

まとめ

今回は、中古住宅を売却する際に必要な諸費用について解説しました。
今回ご紹介した以外にも費用が必要になる場合もあります。
そのため、事前にしっかりと必要な費用を把握しておく必要がありますね。
本記事が中古住宅の売却をお考えの方の参考になれば幸いです。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。