不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地売却のメリットとデメリットについて解説します!

土地の売却は金額の大きい取引です。
そのため、売却前に知っておきたいことがいくつか存在します。
特に土地売却のメリットやデメリットは事前に把握しておきたいところです。
そこで今回は、土地売却のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

土地売却のメリット

土地売却の最大のメリットとして挙げられるのは、現金化できることです。
土地の使い道に困っている場合は土地として放置しておくより、現金化しておいた方が資産として活用しやすいというメリットがあります。
例えば、新たな不動産の購入資金にしたり、売却で得た資金をローンの返済に充てたりできます。

次に挙げられるメリットは維持費がかからなくなることです。
水道や電気を使用していなくても、契約している場合は基本料金を支払い続ける必要があります。
しかし、土地を売却すれば、これらの料金を払う必要もなくなります。
また、土地は所有しているだけでさまざまな税金が課されますが、売却することでこれらの税金の負担も軽減できます。

このようなメリットが存在するため、土地を活用していない場合は売却を検討してみても良いでしょう。

土地売却のデメリット

資金が手に入り、負担が軽くなるというメリットをもつ土地売却ですが、デメリットも存在します。

1つ目に挙げられるのは、一度手放してしまうと取り戻せないということです。
買い手が見つかって売買契約に合意し、土地の引き渡しを済ませた場合、所有権は買い手に移っています。
つまり、売却後に考えが変わっても、基本的には土地を取り戻せません。
そのため、土地の売却は慎重に考える必要があるといえますね。

2つ目に挙げられるのは売却にも費用がかかることです。
不動産会社に仲介を依頼して土地を売却する場合は、仲介手数料や印紙税などの費用がかかります。
売却代金がそのまま自らの資金にはならないため注意が必要です。
また、想像以上に費用が必要になる場合もあるので、事前にどの程度の費用がかかるのかを把握しておきましょう。

3つ目に挙げられるのは、すぐに売れるとは限らないということです。
土地によってはすぐに買い手が見つかる場合もありますが、そうでない場合もあります。
そのため、期日がある場合は早めに売却活動を開始する必要がありますね。

以上が土地売却のデメリットになります。

まとめ

今回は土地売却のメリットとデメリットについてご紹介しました。
土地を売却すれば資金が手に入りますが、一度手放してしまうと取り戻せません。
そのため、土地の売却は十分に検討してから行う必要がありますね。
本記事が土地の売却を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。