不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

ローンの残っている分譲マンションは売却できる?疑問にお答えします

「分譲マンションの売却を検討しているが、ローン残債があっても売却できるか」と疑問を持っている方はいませんか。
返済が苦しくなったり、利回りが悪くなったりすると売却したいですよね。
そこで今回は、ローン残債がある分譲マンションの売却について紹介します。

売却可能か

結論から申し上げますと、売却可能です。
しかし、金融機関が融資をするときに、ローンを組む人が所有する不動産に設定する権利である「抵当権」の抹消を行う必要があります。
その抹消にはローン残債の一括返済が必要であることを注意しましょう。

一般的には、マンションの売買代金をそのローン残債に充てます。
ただ、売買代金だけでは足りないケースも考えられるでしょう。
その場合は不足分をキャッシュで準備する必要があり、準備できない場合はマンションの売却ができません。

以上のように、マンションを売却するときにはローン残債の一括返済をする必要があるため、売却前にマンションがローン残債以上で売れるのかを確認しましょう。

注意点について

続いては、ローン残債があるマンションを売却するときの注意点を3つ紹介します。

ダブルローンを避ける

まずは、ダブルローンを避けましょう。
マンションを売却する前に新居の住宅ローンを組む方もいますが、ダブルローンとなりリスクが高いです。
マンションがなかなか売却できず、管理費や修繕積立金などの出費がかさむことを考えてから売却しましょう。

関連費用を把握する

マンションの売却にかかる諸経費も加味して計算しましょう。
売却価格がローン残債を上回っていても、諸経費を合計したらローン残債を下回る可能性もあります。
仲介手数料やハウスクリーニング代、登記費用、収入印紙代、一括返済手数料、引っ越し代、譲渡所得税といった経費も覚えておきましょう。

金融機関に連絡する

金融機関に連絡する理由は、正確なローン残債額や売却時の諸経費などを知れるだけでなく、受け渡し日の通知や抵当権抹消の手続きの依頼も必要だからです。
また、住み替えローンを利用する方は、売却と購入を同時に行うため、金融機関の協力が必要です。
「任意売却」を考えている方も、金融機関の許可が必要であるため、事前に連絡を入れましょう。

まとめ

今回は、ローン残債があるマンションの売却について紹介しました。
ローン残債があっても売却可能ですが、一括返済する必要があります。
ローン残債と諸経費の合計が売却価格を下回るか確認しましょう。
そのためには、金融機関に連絡をして、正確な残債額と諸経費を知りましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。