不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却するか賃貸にするかお悩みの方必見!それぞれのメリットを解説!

持ち家を中古住宅として売却するか、賃貸として貸すかお悩みの方はいらっしゃいませんか?
長年住んだ持ち家を手放す際には、他の人に売って大事に使ってもらうか、手放さずに誰かに貸すか悩む方は多いでしょう。
どちらにもメリットがあるので悩みどころですよね。
ここでは、どちらにするとお得なのか、それぞれのメリットについて紹介いたします。

それぞれのメリットについて

住宅は、売却しても貸してもメリットがあります。
それぞれ分けて確認しておきましょう。

売るメリット

中古住宅として売った場合、完全に自分の手からは離れて、誰かのものとして大切に使ってもらえます。
売却した際のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、売却代金が現金で得られるという点です。
直近でお金に困っているという方には大変魅力的でしょう。
また、売却してしまえば、将来的に資産価値が下落することを恐れなくても大丈夫です。
さらに、不動産を管理するという手間が省けるのもメリットの一つでしょう。

一方で、住宅ローンに関しての注意点が存在します。
それは、住宅ローンの残債務が多い場合、自己資金での充当が必要な場合がある点です。
売却する前に、この点は注意しておきましょう。

貸すメリット

賃貸とする場合、住宅を所有したままさまざまな人に利用してもらいます。
貸したときのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、資産を持ち続けられるという点です。
不動産は、投資用としても売られているほど資産価値が高いものです。
そのため、資産として住宅を持ち続けられるという点は、大きなメリットと言えるでしょう。
また、借りる人がいる限り、継続して収入が得られるというメリットもあります。

一方でデメリットしては、空室がある場合には収入を得ることができないことや、家賃収入を確定申告する必要あるといったことが考えられます。
このようなデメリットについては必ず把握しておきましょう。

所有者の意向が大事

不動産は中古住宅として売却する場合にも、賃貸とする場合にもメリットとデメリットがありました。
そのため、どちらの方が良いとか、お得であるかなどは一概には言えません。
最後には、所有者の性格や意向によって決めると良いでしょう。

賃貸として維持するのを面倒に感じたり、資産を金融商品や保険で運用したいと考えたりしていらっしゃる方は、売却を検討しましょう。
その一方で、家に思い入れがあったり、将来再び住む予定があったりする場合には、賃貸を検討することをおすすめします。

まとめ

今回は住宅を売却するか、賃貸とするかについてお話しいたしました。
基本的には売却する方が楽であるため、売却を選ぶ方が多いようです。
しかし、賃貸にも賃貸ならではのメリットがあるため、よく考えて決断しましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。