不動産がその場で査定できる!不動産売却王

分譲マンションの売却をお考えの方へ売却時の手数料について解説します

分譲マンションの売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションを売却する際には手数料が発生することをご存知でしょうか。
手数料の相場や必要性について詳しい方は少ないでしょう。
そこで今回は、分譲マンションの売却時にかかる手数料について解説します。

手数料の相場と必要性とは

手数料の相場

手数料の相場を詳しく知っている方は少ないですよね。
そもそも手数料とは、不動産会社に不動産の売却を仲介してもらう際に発生する費用です。
仲介手数料は、一般的に売買価格×3パーセント+6万円+消費税で求められます。
しかし、売買価格によって仲介手数料は異なるため、参考程度に考えましょう。

売買価格が200万円以下の場合、売買価格×5パーセント+消費税が手数料です。
売買価格が201万円以上400万円以下の場合、売買価格×4パーセント+2万円+消費税が手数料です。
売買価格が401万円以上の場合、売買価格×3パーセント+6万円+消費税が手数料です。
売買価格が高くなればなるほど、手数料が占める割合は減ることを覚えておきましょう。

手数料の必要性とは

手数料は、不動産会社に対する成功報酬として支払われます。
そのため、不動産会社は売却するための様々な活動を行います。
物件の広告を出したり、物件の見学に立ち会ったりと、不動産を売却するために動きます。
しかし、売買契約が成立しないと、手数料は発生しないため安心してください。

手数料に含まれる業務とは

手数料に含まれる業務を理解しておかないと、不動産会社とのトラブルになるかもしれません。
そのため、手数料に含まれる業務を理解しておきましょう。

まずは物件の査定と売却価格の設定でしょう。
その後、物件資料や広告の作成に取りかかります。
売却するための準備が整ったら、いよいよ売却ですね。

売主に広告の成果や問い合わせを報告します。
また、購入希望者が現れれば、話を伺う役目も務めるでしょう。
購入希望者との話が進めば、物件を下見する日程を決め、現地案内や立ち会いをします。
そして、売却条件を交渉し、契約書を作成、決済、引き渡しのサポートという流れで売却完了です。

このように、仲介手数料には、売却の準備、売却活動、売却サポートが含まれています。
しかし、室内の清掃や簡単なリフォームを依頼する場合は、別途費用がかかるでしょう。

まとめ

今回は、分譲マンションの売却時にかかる手数料について解説しました。
仲介手数料の相場や必要性をご理解いただけたでしょうか。
分譲マンションや不動産の売却をお考えの方は、ぜひ当サイトをご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。