不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

分譲マンションで転勤が決まった際の対策を解説します!

急に転勤が決まった方はいらっしゃいませんか?
そのまま職場に通えれば問題ありませんが、普通は新しく家を借りるか、もしくは買うことが多いので、前の家は何かしらの処理をすることになります。
そこで今回は、転勤が決まったときの分譲マンションの処理についてご紹介します。

転勤が決まったときにまずやること

具体的な方法については下でご紹介しますが、まずは複数の業者に査定を依頼しましょう。
査定に出すことで、どの方法が適しているかを、数値の裏付けによって考えられます。
また、複数の業者を比較することにより、一番良い条件の業者を選べます。

分譲マンションの処理方法

売る

分譲マンションを売ることが一つ目の選択肢です。
保持する場合と違い、管理費などを支払う必要がありません。
新居のローンや管理費だけを考えれば良いので、金額的にはもちろん、精神的にも楽です。
しかし、一度所有権を手放すので、住み直すハードルが高いです。
他の入居者がいれば諦める必要がありますし、いなくてももう一度買うか借りるか、どちらかをし直す必要があります。
また、売ったときにローンが完済できないと、不足分を支払う必要があるため、まとまったお金を用意しなければいけません。

何もせずにおく場合

そのまま分譲マンションを保持しておくのも選択肢の一つです。
保持する場合は、そのまま何もしないでおく方法と、賃貸として誰かに貸す方法があります。
何もせずにおく場合は、またいずれその家に住みたいというときにスムーズに住めます。
また、その間誰かに使われることがないので精神的にもそのまま戻ってきたという感覚が強いです。
転勤が短期で、またすぐに戻ってくることが分かっている場合は何もせずにおいておくのも良いでしょう。
しかし、保持している間はローンや管理費、税金などは継続して支払う必要があります。
新居のローンや賃貸料金も支払わなければならないので、二重苦になるのがデメリットです。

賃貸として貸し出す場合

分譲マンションを誰かに貸すことができれば、その間家賃収入を得られます。
この家賃収入により、ローンの支払いなどを行えるため、新生活が楽です。
また、所有権は自分にあるので、契約を上手く設定すればまた戻ってきたときに住めます。
しかし、絶対に借りる人がいるわけではないので、空室の間は保持にお金がかかります。
また、転勤は期間が分からないことが多いので、賃貸契約の期間を転勤終わりまでにすることは難しいです。
そのため、また住みたくてもスムーズに住み直せることは少ないと考えましょう。

まとめ

今回は転勤が決まったときの分譲マンションの処理についてご紹介しました。
分譲マンションを売る場合も、保持する場合も、メリットとデメリットがあります。
自分に合った方法を選択してください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。