不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

錯誤

錯誤(さくご)とは、民法によれば、ある人物が内心的効果意思とは異なる表示行為をしており、なおかつ本人がそれを知らない状態のことである。
分かりやすい言葉で言い換えれば、思い違いや勘違いをしている状態のことである。

本来であれば、錯誤による意思表示は無効とされ、意思表示をした人(表意者という)は保護される。

例えば、「ある人物 A が、商品 X を買おうとして、間違えて商品 Y を買ってしまった」場合、この売買は無効にできるということになる。
しかし、この場合、相手方(売主)である人物 B の保護に欠けるという問題が発生する。
このため、A に重大な過失があった場合は、これを無効にすることができない。
重大な過失とは、A が少し調べれば分かっていた場合や、著しい不注意に拠る場合などである。

また、A に重大な過失があった場合でも、B が以下の状態の時は契約を無効にできる。
(1) A が錯誤であることを知っていた場合。
(2) B が重大な過失により、A が錯誤していることを知らなかった場合。
(3) B が A と同一の錯誤の陥っていた場合。

以上の規定は、従来の判例に基づき、2020 年 4 月 1 日に施行された改正民法により明確化された。

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。