不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

遠方の不動産はどうやって売却するの?まずはお持ちの不動産の価格を知りましょう!

「住んでいる場所から離れた場所に不動産を所有しているのだけど、どうやって売却したら良いのだろうか。」
このように、遠方の不動産はどのように売却したら良いかを知りたい方は多いと思います。
そこで今回は「遠方に住んでいる場合の不動産の売却方法」「売却する際の流れ」についてご紹介します。

ノート PC の前で OK サインを出す女性

遠方に住んでいる場合の不動産売却方法について詳しくご紹介します

大きく分けて3つの売却方法がありますので、それぞれ詳しくご紹介いたします。

契約書の持ち回り契約

ホワイトボードに書かれた POINT

売買契約書を売主、不動産会社、買主間で郵送などを通じてやりとりして売却する方法です。
まずは不動産会社が契約書の原本を作成するところから始まります。
契約書の原本が完成したら買主に郵送し、署名や捺印を済ませ、手付金を口座に振り込んだ後買主が売主に郵送します。
その後、売主は契約書に署名と捺印を行い、不動産会社または買主に返送すれば契約が成立するので、とても簡単ですね。
遠方に住んでいる方にとっては現実的で実行しやすい売却方法なのではないでしょうか。

この方法をうまく活用すると、遠方に住んでいても立ち会いをすることなしに売却できると言えるでしょう。
ただ、売主と買主の双方が持ち回り契約について合意していることが条件です。
売主が契約書に署名と捺印を行なって返送すると契約が成立することになるので、トラブルが起きないように慎重に署名と捺印を行うように心がけましょう。

代理契約として知人や縁故者を通じて契約する

不動産登記権利情報とハンコ

所有している不動産のあるエリア付近に住んでいる知人や親戚などがいる場合には、代わりに不動産売買契約書の署名や捺印をしてもらって契約を行うこともできます。
上記の方法は署名代理と呼ばれるもので、法的にも有効性が保証されています。
そのため、もし近くに住んでいる信頼できる人がいる場合にはとてもおすすめの売却方法だと言えるでしょう。
一方で、契約時にトラブルが起きてしまった場合には、依頼した人が責任を背負うことになるので、誰に依頼をするべきかを慎重に選ぶようにしましょう。

司法書士に依頼する

書面を取り交わしていることころ

実は、司法書士に依頼し、現地での立ち会いや売買契約などの手続きを全て行ってもらう方法もあります。
司法書士とは、契約書類の作成や提出、不動産登記などの申請書を作る法律の専門家のことを指します。
依頼料は発生してしまいますが、代理人として遠方の不動産の契約を任せられるのはとても助かりますよね。

遠方の不動産を売却するときの流れについて詳しくご紹介!

書類をチェックする女性

大きく分けて5つのステップがありますので、それぞれ詳しく確認していきましょう。

1つ目は不動産を査定することです。
売却をするのであれば、まずはどのくらいの価格で売れるのかを把握する必要があるでしょう。
遠方にお住みの場合は、不動産会社に鍵を渡して現地で査定してもらう方法やネットで相場を把握する方法などの査定方法があります。
まだ売却を決めていない段階で鍵を渡すことに抵抗がある方の場合は、まずはWeb上の査定サイトで価格の相場を知ると良いでしょう。
一般的な一括査定サイトの場合は査定を依頼してもその場で価格を知ることはできず、複数の業者に査定依頼を出して査定が完了すると同時に営業電話がたくさんかかってきてしまいます。
一方、当サイトでは査定の依頼をする前に不動産の価格が出せるので、一度相場を確認してから依頼をするかどうか決めたい方におすすめです。

握手を交わしているところ

2つ目は、不動産会社を選び、媒介契約を結ぶことです。
信頼できる不動産会社を見つけられたら、鍵を送って実際に訪問査定をしてもらい、詳細な査定価格を出してもらうと良いでしょう。
もし現地に知人や親戚がいるのであれば、訪問査定の際に同席してもらい、鍵をその方に管理してもらうと安心できると思います。
訪問査定の結果を踏まえて、不動産会社と契約するかどうかを決めましょう。

ノート PC の前で OK サインを出す OL

3つ目は、売却活動を行うことです。
媒介契約を無事に締結すると、次に売却活動を行うことになります。
基本的には不動産会社にほとんど全ての売却活動を任せることになるでしょう。
遠方に住んでいる場合には不動産会社の動向を把握しづらくなる可能性がありますので、営業活動報告書をきちんと読んだり、不明な点や聞いておきたいことなどをこまめに確認したりすることをおすすめいたします。
ほとんど毎回進展のない営業活動報告書を送ってくる場合は、あまり熱心に営業活動を行なっていないと考えて良いでしょう。
自分が所有している不動産の状況をしっかりと理解しておくためにも、不動産会社との連絡をこまめに取るようにしましょう。

4つ目は、不動産売買契約書を郵送してもらうことです。
売却活動を行なった結果、買主が見つかり、無事契約に至りそうなのであれば不動産売買契約書を買主に記入してもらい、それを売主が受け取って記入し、不動産会社に返送すれば契約が成立します。
ただし、売買契約書に書かれていることは専門用語が多く、理解しづらいこともあるため、きちんと確認を行う必要があるでしょう。

書類に記入しながら打ち合わせをしているところ

5つ目は、決済や物件の引き渡しに立ち会うことです。
無事契約を締結できたら、決済をした後に物件の引き渡しを行います。
決済や引き渡しを行う際には本人が立ち会うことが推奨されていますが、難しい場合は親戚に代理で行ってもらったり、司法書士に依頼したりすると良いでしょう。

現地に行かずとも不動産売却は可能?

上述いたしましたように、ご本人様が現地に出向かずとも不動産売却を行う方法は存在します。
ただ、一度も出向かずに全てを完了させることはあまり推奨されておりません。
理由は大きく分けて2点あります。

ダブルグーサインを出す女性

1つ目は売却準備は自分でした方が良いためです。
売却準備には、訪問査定の立ち会いや室内の掃除、鍵の取り扱いなどの話し合いを行います。
空室管理を不動産会社に依頼している場合は、売却準備のステップを省略できるかもしれません。
貴重品の管理をしたり鍵の取り扱いを不動産会社に依頼したりできる場合は省略しても大丈夫だと言えるでしょう。

鍵を渡しているところ

2つ目は売買契約や決済、引渡しなどの重要事項はトラブルが生じないように自分で行なった方が良いためです。
書類への捺印や署名は入念に確認してから行いましょう。
また、鍵の受け渡しは通常対面で行うことが多いです。

これらのことから、売却準備、売買契約の締結、決済と引渡しの合計3回は出向く必要があると言えるでしょう。
もしどうしても出向けない事情がある場合には、代理人に依頼するなどの方法を活用しましょう。

遠方の不動産売却では売却金額の相場を知ることが大切!

ノート PC を操作する女性

遠方の不動産を売却したことがある方の中で売却時に調べた情報としてよく挙げられるのは、売却金額の相場などの価格情報です。
国土交通省の土地総合情報システムなどで調べることもできますが、具体的な査定価格は出しづらいと思います。
そのような場合に多くの方が活用しているのが一括査定サイトなどで不動産会社に査定額を出してもらうことです。
一括査定サイトの場合は査定後に複数の会社から営業電話がなり続けますが、当サイトの場合は営業電話がなく、すぐに査定価格がわかるのでぜひ利用してみてくださいね。

家の模型とグラフ

まとめ

今回は「遠方に住んでいる場合の不動産の売却方法」「売却する際の流れ」についてご紹介しました。
この記事を参考に、ぜひ当サイトで遠方の不動産の価格を査定してみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。