不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地売却とふるさと納税に関係が?!解説します

土地売却をお考えの方で、ふるさと納税を利用したことがある方や、ふるさと納税を利用したいと考えている方はいらっしゃいませんか。
実は関係のなさそうなふるさと納税と土地売却ですが、関係があります。
そこで今回は、土地売却とふるさと納税の関係をご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

土地売却とふるさと納税の関係とは

ふるさと納税とは

ふるさと納税申請書

ふるさと納税とはある特定の自治体に寄付をすることで、税金が控除されたり自治体独自の特産品が受け取れたりする制度のことです。
その土地の名産品が届くので、それを目当てに利用しているという方も多いのではないでしょうか。
ふるさと納税は高額になるほど控除額が大きくなるというわけではなく、上限が決められていることを押さえておきましょう。
この上限は所得や家族の人数によって決められているので、自分はいくらが上限なのか確認しておくことをおすすめします。

ふるさと納税イメージじゃがいも

土地売却とふるさと納税の関係とは

ではふるさと納税と土地売却はどう関係しているのでしょうか。
実は先ほど紹介した、所得によって控除額の上限が変わるということに関係してきます。
つまり、土地の売却で利益が出た場合、上限が引き上げられます。
ふるさと納税をしっかり利用したいという方にはもってこいです。

土地イメージ

ふるさと納税を利用する際の注意点とは

ここでは実際にふるさと納税を利用する際の注意点をご紹介します。

1つ目は確定申告をすることです。
毎年2月から3月にかけて確定申告の機関が設けられています。
忘れないように確定申告をしましょう。

確定申告の記入

2つ目は寄付受領証明書を無くさないようにすることです。
この書類はふるさと納税をする際に、寄付した自治体からもらえる書類です。
これは、1年間は保存しておく必要があるので、捨てないようにしましょう。

3つ目は控除額の上限を確認することです。
土地の売却で上限が上がったと思っていても、その年の後半の収入が少なければ、控除額が下がります。
控除額を超えて寄付をすることも良いことですが、控除額を超えると、自己負担額が2000円を超えます。
控除額はいくらなのかをきちんと確認しておきましょう。

まとめ

ふるさと納税イメージさくらんぼ

今回は土地売却とふるさと納税の関係についてご紹介しました。
普段はふるさと納税を利用していないという方も、土地売却で所得が上がるのであれば、この機会にふるさと納税を利用してみても良いです。
自治体の特産品を受け取れます。

当サイトでは土地の査定をネット上で行えます。
興味がある方は是非利用してみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。