不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

ローンが残っていても売却できる? 分譲マンションの売却について解説します

分譲マンションを売却したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
マンションを購入する際にローンを利用する方も多いです。
その方の中には、ローンが残っている場合売却はできるのか疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。
今回はローンがある場合のマンション売却についてご紹介します。

分譲マンションはローンが残っていても売却できる?

実は、住宅ローンが残っている状態でも売却は可能です。
しかし、住宅ローンが残っている場合抵当権を抹消する必要があります。
抵当権とは、金融機関が不動産を担保にする権利で、ローンの支払いが滞った時などに関係してくる権利です。
マンションの売却をするためには、この抵当権の抹消が不可欠と言えるでしょう。

ローンが残っている場合にも、2つのパターンがあります。
それはアンダーローンとオーバーローンです。

アンダーローンとは

これは残っているローンを売却金額で賄える場合のことを指します。
この場合、売却したお金でローンを返済できるうえに、手取りのお金も発生します。
そのため、資金を使うことなくマンションの売却が可能です。

オーバーローンとは

これはマンションの売却金を利用しても現在のローンが返済できない状態のことを指します。
この場合、売却金額だけではローンが返済できず、何かしらの方法で現在のローンを処理する必要があります。
ではオーバーローンになるとマンションの売却はできないのでしょうか。

オーバーローンの場合にできることとは

ここからはオーバーローンでも、マンションを売却する方法をご紹介します。

1つ目は自己資金で賄う方法です。
貯金している手持ちの資金を利用してローンを返済すれば、マンションを売却できます。
手持ちの資金がある方はこの方法で問題はないでしょう。

2つ目は住み替えローンを利用する方法です。
マンションを売却した後、別のマンションを購入する予定の方も多いのではないでしょうか。
そんな方には住み替えローンがおすすめです。

これは、新しいマンションのローンにローン残高を上乗せする方法です。
しかし、ローンを借りる際にスムーズに金融機関に許可をもらえない場合もあるので、スケジュール管理を慎重にしましょう。

まとめ

今回はローンが残っている場合のマンション売却についてご紹介しました。
ローンが残っている方でもマンションの売却は可能なことがご理解いただけたのではないでしょうか。
ぜひ当サイトを利用して売却活動を始めてみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。