不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却をお考えの方へ!売却の流れを解説します

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却するのは初めてという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
不動産をはじめて売却する際には、あらかじめ流れを知っておくことが重要です。
ここでは中古住宅を売却する際の流れをご紹介します。

中古住宅を売却する際の流れと期間とは

ここでは中古住宅を売却する際の流れをステップごとにご紹介します。

ステップ1は不動産会社に査定依頼を出します。
売却活動に入る前に、査定依頼を出して、いくらくらいで売れるのか査定してもらいましょう。
中古住宅を売って現金を得たい方にとっては価格設定が重要です。
価格は周辺の中古住宅の相場や住宅の状態で判断されます。

このステップには約1週間程度要するでしょう。
慎重に決めたい方はもう少し時間に余裕を持たせても良いでしょう。

ステップ2は仲介会社選びです。
中古住宅など、不動産売買では多くの方が仲介会社を介して売買を行うでしょう。
会社を選んだら、実際に媒介契約を結びます。
媒介契約にも種類があるので、どの契約を結ぶのかも併せて決めることをおすすめします。

ここでは約1週間程度を見積もっておくと良いでしょう。

ステップ3は売りだしです。
いよいよ実際に売り出しを行います。
媒介契約を結ぶ場合は、仲介会社が売却活動を行ってくれます。
内見などには顔を出した方が良い場合もあるので、スケジュール管理をしておきましょう。

また、内見の際にできるだけ印象が良くなるように、掃除をしておくことをおすすめします。
売り出しの期間は人によってさまざまですが、売り出しには1か月以上かかることがほとんどです。
なかなか売れなくても焦らず、買い手を見つけましょう。

ステップ4は契約締結と引き渡しです。
買い手が見つかったらいよいよ売買契約を結び、引き渡しましょう。
契約の際には多くの書類が必要なのであらかじめ用意しておくことをおすすめします。

中古住宅を売却する際の注意点とは

1つ目は内覧前に綺麗にしておくことです。
いくら条件が良くても内覧の際に綺麗でないと、買いたいと思われにくいでしょう。
必要な場合は簡単な修繕工事をすることをおすすめします。

2つ目はインスペクション対策をすることです。
これは、建物を調査することを指します。
住宅購入の際にはインスペクションをする方が多いです。
ここで、修繕箇所が検出されないように気を付けましょう。

まとめ

今回は中古住宅を売却する際の流れを紹介します。
中古住宅の売却をお考えの方は参考にしてみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。