不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討中の方へ!仲介手数料にはいくら必要か解説します

中古住宅を売却したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅の売却ではお金が手に入るだけではなく、逆に売買契約成立までには費用もかかります。
どんな費用がどれくらい必要なのでしょうか。
今回は中古住宅の売却で必要な、仲介手数料についてご紹介します。

仲介手数料とは

中古住宅の売却をする方の多くは、仲介の会社を介して売買を行うのではないでしょうか。
不動産会社に仲介を依頼する際に、成功報酬として仲介会社に渡すのが仲介手数料です。
仲介の不動産会社はあなたの代わりに、売却活動を行います。
独自の広告方法や情報を持っているので、仲介会社を介した方が効率よく買い手を見つけられると言えるでしょう。

これらの売却活動の結果、中古住宅の売買が結ばれれば、仲介会社に成功報酬を支払います。
逆に売買契約まで至らない場合は、仲介会社に仲介手数料を支払う必要はありません。
仲介手数料に含まれるのは仲介会社の通常業務によって発生するお金です。

例えば、売却したい中古住宅が仲介会社から遠くにある場合、遠方への出張費や別途手数料が発生る可能性もありますが・・・地元の仲介業者ならそういった心配もありませんね。
仲介を依頼する前に、通常業務にはどういったものが含まれるのか念のため確認しておくといいかと思います。

仲介手数料はどれくらいの額になる?

仲介手数料は、売却する住宅の額によって法律で上限額が決められています。
つまり、住宅の売却価格が分かれば、上限額は自分で算出できます。
その上限に収まるように、仲介会社は仲介手数料を定めています。
そのため、仲介会社によって仲介手数料がさまざまでしょう。

では上限額はどのように計算するのでしょうか。
ここではその上限額の計算方法をご紹介します。

まず、売買価格に3パーセントかけたものに6万円を足しましょう。
さらにそれに消費税を加算すれば、それが仲介手数料の上限です。
ただし、売買価格が200万円以下の場合は3パーセントではなく5パーセント、400万円以下の場合は4パーセントで計算しましょう。

このように上限は決められていますが、下限は決められていません。
仲介会社はこの仲介手数料によって決めても良いでしょう。

まとめ

今回は中古住宅を売却する際に必要な仲介手数料についてご紹介しました。
仲介手数料は仲介会社によってさまざまなので、仲介手数料の設定を見て依頼する仲介会社を決めても良いでしょう。
当サイトでは中古住宅売却のお手伝いをしています。
興味がある方は是非お問い合わせください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。