不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却すると良い時期について解説します!

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
いつ売却するのがお得なのでしょうか。
実はよりお得に売却できる時期があります。

そこで今回は、中古住宅の売却に適した時期をご紹介します。
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

築年数でみる売却のタイミングとは

住宅を売ると良いと言われているタイミングをご存じでしょうか。
実は住宅を売却しやすい築年数があります。
それは築10年から築20年です。
築年数がこれくらいの住宅は売れやすいと言えるでしょう。

特に築年数が20年を超えると住宅の価値がなくなると言われているので、築年数が20年くらいで売却を悩まれている方は、ぜひ売却に踏み切ることをおすすめします。

また築年数が短ければ短いほど、売れやすいと言えます。
しかし、築年数が浅いと売却価格を高く設定する方が多いでしょう。
中古住宅の魅力である低価格さが出せない可能性が高いので、あまりに築年数短いと売れにくいと言えます。

特に築年数が3年以下の場合は、売却ではなく他の有効活用を考えてみても良いでしょう。
なぜなら、築3年までは固定資産税の負担が小さいからです。
住宅を所持していると、無駄な税金がかかると心配に思っている方もいらっしゃるでしょう。
築3年以内であれば、過度に固定資産税の心配をすることはないと言えます。

相場でみる売却のタイミングとは

先ほどは築年数で売却のタイミングを考えました。
ここでは住宅の相場から売却のタイミングを考えます。

中古住宅の売却で気になるのがやはり金銭面ではないでしょうか。
できるだけお得に売買したいところです。

最も理想的なのは、相場が安いときに購入して、相場が高いときに売ることです。
中古住宅の相場は、国全体の経済状況や天災などの環境要因によって左右されます。
これらの情報を参考にしながら、売りたい中古住宅の地域の相場を確認してみると良いでしょう。

しかし、相場の変動を当てるのは初心者には難しいでしょう。
プロでも住宅の相場変動の様子を百発百中で当てられるわけではありません。
そのため、住宅を買った時の相場より相場が高ければ売り時ととらえると良いでしょう。

まとめ

今回は中古住宅の売却のタイミングについて、築年数と相場の観点からご紹介しました。
他にも、売却のタイミングを計るものとして、季節や税制なども挙げられるでしょう。
よりお得に売却したいと考えている方は、様々な要因で売却に適したタイミングを考えてみることをおすすめします。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。