不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討中の方へ!築年数と売却の関係について紹介します

「中古住宅の売却を検討している」
「築年数がかなり古い住宅を所有しているけど、ちゃんと売れるかが不安」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

中古住宅を売却する際には、価格面について気になりますよね。
そこで今回は、築年数と売却価格の関係と、早めに売却した方が良い住宅の特徴についてご紹介します。

築年数と売却価格には関係がある?

築年数が古い住宅を売却したい場合、売れにくかったり価格が安くなったりしないか不安ですよね。
やはり、住宅は築年数が浅い方が状態が良い場合が多いことから、築年数が経てば経つほど価格が安くなりやすいです。
ここでは、もう少し具体的に、築年数と売却価格の関係について確認していきましょう。

まず、築年数が10年経っていない住宅に関しては、購入時の価格の5割ほどで取引される場合が多いです。
もちろん住宅によって異なりますが、築10年になると価値が新築時の半分くらいになると言われています。
そのため、価格も5割ほどになってしまうのですね。

次に、築年数が15~20年の住宅に関しては、購入時の価格の2割ほどで取引される場合が多いです。
2割と聞くと、かなり安いと感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に売却されている住宅の多くが、築15年を超えている場合が多いです、
そのため、市場価値で見ると平均程度になっている場合が多いと言えるでしょう。

最期に、築年数が20年以上の物件は、価値がかなり小さくなってしまいます。
ここまでくると、土地をメインで売却することになると考えておくと良いかもしれませんね。

早めに売却した方が良い住宅の特徴とは?

ここでは、早めに売却した方が良い住宅の特徴を2つご紹介します。

まず1つ目は、過疎化が進んでいる地域にある住宅です。
過疎化が進んでいる地域では、住宅の価格がかなり下落しやすいです。
今後も下落していくことを考えて、早めに売却を検討しておくと良いでしょう。

2つ目は、間取りが個性的な住宅です。
間取りが個性的であると、買い手の方が見つかりにくくなる可能性があります。
しかし需要自体はあるため、できるだけ早く買い手を見つけられるように、しっかりと準備をしておきましょう。

まとめ

今回は、築年数と売却価格の関係と、早めに売却した方が良い住宅の特徴についてご紹介しました。
価格の相場は築年数によって異なるので、ご自身の住宅がどのような状態であるのか、事前に確認しておきましょう。
また、早めに売却した方が良い住宅の特徴に当てはまる場合には、ぜひ売却も検討してみてくださいね。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。