不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却が不安な方へ!手取りについて解説します

中古住宅の売却が不安な方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却する際には、特に金銭面での不安が大きくなりやすいです。
せっかく売却するのなら、できるだけ多くお金を手元に残したいですよね。
そこで今回は、中古住宅を売却する際の手取りと、手取りを多く残すためのポイントについてご紹介します。

中古住宅を売却する際の手取りについて

中古住宅を売却する際には、手取りを意識しておくことが重要です。
しかし、そもそも中古住宅の売却における手取りがどのようなものかわからない方もいらっしゃいますよね。
ここでは、手取りの特徴について確認していきましょう。

そもそも手取りとは、自分が実際に受け取れる金額のことを指します。
そのため、中古住宅の売却においては、住宅の売却価格から諸費用を引いたものが手取りとなります。
諸費用としては、主に以下のものが挙げられます。

・仲介手数料
・登記費用
・ローンの費用
・印紙税
・譲渡所得税

この5つの中では、仲介手数料と譲渡所得税の2つが占める割合が大きいので注意しましょう。

ローンの費用に関しては、購入時に借り入れした分の残債のことです。
残債があると基本的に中古住宅の売却はできないので、早めに清算しておくようにしましょう。

手取りを多く残すためには?

ここまで、手取りの特徴を確認してきました。
しかし、手取りを多く残す方法については、なかなかイメージしにくいですよね。
そこで、手取りを多く残す方法について一緒に確認していきましょう。

まず1つ目は、住宅を購入したときの費用を事前に確認しておくことです。
購入時の費用がわからないと、譲渡所得税が高くなってしまいます。
諸費用のなかで譲渡所得税が占める割合は大きいので、手取りが少なくなる原因になるでしょう。
購入時の費用を証明する書類としては、購入時の売買契約書を準備しておくと良いですね。

2つ目は、控除を利用することです。
中古住宅を売却する際には、税金の控除を受けられる場合があります。
税負担をかなり軽減できることもあるので、事前に特例について調べておきましょう。

3つ目は、不動産会社選びを慎重にすることです。
売却力がある不動産会社に依頼すると住宅を高値で売却してくれるので、その分手取りも多くなるでしょう。

まとめ

今回は、中古住宅を売却する際の手取りと、手取りを多く残すためのポイントについてご紹介しました。
中古住宅を売却した際に、実際に手元に残るお金のことを手取りと言います。
今回ご紹介した手取りを多く残すためのポイントを参考にして、賢く中古住宅の売却を成功させましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。