不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却しよう!買取と仲介のメリットについて紹介します

「中古住宅を売却したいけれど、どのような方法があるのか」と疑問を持っている方はいませんか。
中古住宅の売却には、一般市場で買主を探す「仲介」と不動産業者が買主となる「買取」の2種類の方法があります。
どちらにもメリットがあるため、今回は仲介と買取のメリットについて紹介します。

仲介のメリットについて

まず初めに、仲介で売却するメリットを3つ紹介します。

1つ目は、買取よりも高価格で売却できる可能性があることです。
仲介の場合は売却までの期間にゆとりがあり、時間をかけて納得できる値段で売却できます。
そのため、時間がかかっても高い価格での売却をしたい方に向いているでしょう。

2つ目は、購入検討者の様々な意見が聞けれることです。
仲介では、不特定多数の人が内覧を行うため、他の物件と比べてどうであるかの感想が聞けます。
そういった意見を販売活動に活かすとより高価格で売れる可能性があるため、大きなメリットでしょう。

3つ目は、スケジュールにゆとりがあることです。
仲介では、住み替えまでのスケジュールをゆっくり考えながら売却活動を行えます。
ただし、あまりにゆっくり売却活動を行うと「売れ残り物件」と知られてしまい、大幅な値下げが要求されることもあるため注意しましょう。

買取のメリットについて

続いては、買取のメリットをいくつか紹介します。

まずは、仲介手数料がないことです。
仲介の場合は仲介手数料を払う必要がありますが、買取では払う必要がありません。
手数料は、一般的には売却金額の3パーセントと6万円と消費税の合計で算出されます。
例えば、3000万円の物件を売却した場合は103.68万円の手数料を払う必要があります。

続いては、現金化しやすいことです。
買取では、方法によっては買取額の交渉が終わり次第すぐに現金化できます。
そのため、すぐにお金が必要な方にはおすすめでしょう。

最後は、瑕疵担保責任が免除されることです。
瑕疵担保責任とは、売却後に雨漏りやシロアリ問題などの欠陥が見つかったときに、売主が補修費用を払う責任です。
最悪の場合は契約を解除されることもあります。
しかし、買取の場合は瑕疵担保責任が免除されるため、売却後に物件について悩む必要がありません。

まとめ

今回は、仲介と買取のメリットを紹介しました。
どちらにもメリットがあるため、自分の状況で使い分ける必要があります。
時間にゆとりがある方は仲介を選び、すぐに現金化する必要がある方や、時間に余裕がない方は買取を選ぶと良いでしょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。