不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地売却のお悩みを解消!古家は解体する方がいいのかについて解説!

土地の売却をお考えで、古家は解体したほうがいいのかについて気になっている方はいらっしゃいませんか?
ほとんどの場合、土地を売却する際には、土地と合わせて住宅も売却することになるでしょう。
しかし、古い家や見た目が悪い家は、解体した方がいいのかと悩む場合もあります。
そこで今回は、古家を解体するべきかの判断基準について解説します。

古家を解体した方がいいケースとは

まずは、古家を解体した方がいいというケースについてです。
古家は解体するにも費用がかかるので、解体する際にはその判断基準が欲しいですよね。
解体した方がいい場合には2つのケースがあるため、それぞれ紹介いたします。

老朽化が激しい

一般的に中古住宅は、リフォームを前提として売りに出します。
そのため、多少の老朽化していても、そのまま売りに出すのが一般的です。
しかし、老朽化が激しく、リフォームではどうにもならない場合には、解体して売った方がいいでしょう。

具体的には、築25年というものが取り壊しするかどうかの判断基準であると言われています。
これは、国土交通省が住宅の寿命を22~25年と定めていることが理由にあります。
築25年を超える住宅は、余程状態が良く無い限り、かなり老朽化が進んでいるでしょう。

立地が悪い

山奥や田舎、過疎地、その他に都会の中でも立地の悪い場所はあります。
このような場所にある土地は、売りにくい場合が多いでしょう。
売りにくい土地の場合、買主の負担をなるべく減らした方が売りやすくなります。
そのような場合には、住宅を解体し土地だけの状態にしておくといいでしょう。

解体しなくてもいい場合

古家を解体した方がいい場合について解説いたしました。
しかしその一方で、解体しない方がいいという場合もあります。
どのような古家は解体してはいけないのでしょうか。

まず、価値のある古家の場合には解体しない方がいいでしょう。
例えば、古家の中でも景色と一体になった古民家といったように、古いからこそ味が出るという場合もあります。
その場合は住宅もセットにしての売却を行ってみると良いでしょう。

また、一般の方ではなく、不動産会社への買取依頼を検討している場合は解体しない方がいいでしょう。
買取を行った場合には、不動産会社が解体するかどうかを判断して、費用をかけて解体します。
そのため、買取を依頼する場合は解体しないでおきましょう。

まとめ

古家を解体するかどうかは、立地や古家の状態によって異なります。
大切なのは売却して損をしないことです。
損をしないためにはどうすればいいのかを考えて、土地の売却について考えましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。