不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地の名義って何?売却時のお困りごとを解決します!

「土地や住宅の名義について知りたい。」
土地売却をお考えで、このように感じている方はいらっしゃいませんか?
土地や住宅には名義というものがあり、土地や住宅を売却する際に重要なものの一つです。
そこで今回は、名義についてお困りの方のために、詳しく解説いたします。

名義人が異なる場合について

土地は、その土地の名義人のみ売却が可能です。
しかし、土地を売ろうとしている人と、土地の名義人が異なるという場合があり、そのような場合は売却の際に困ってしまいます。
例えば、どのような時に異なっているのでしょうか?

家族が名義人である

高齢者となった家族が名義人で、その方とは別の人が売却を検討しているという場合があります。
例えば入院生活が長くなったり、痴呆症が進んでしまっていたりする場合には、本人が売却できずに困ってしまうでしょう。
また、名義人が亡くなり相続された土地の場合でも、変更の手続きをしていなければ、所有者が異なる場合があります。
名義人が亡くなってるからといって、名義は勝手に変わらないので、注意が必要です。

共有名義の場合

夫婦や兄弟で共有して名義人となっているという場合もあります。
このような場合には、売却するために全員の同意が必要となり、実質的に名義は他の人ものであることと同じ状態です。
共有名義は、購入時の出資を複数人で行った際に適用されます。
特に、ローンを複数人で組んでいる場合には注意しましょう!

土地と建物で名義人が異なる場合

親の土地の上に住宅を建てた場合、それぞれで名義が異なります。
この状態で土地と住宅をセットで売ろうとした場合は、名義が異なっているため売却はできません。

土地の名義を変更する際の注意点

名義人が異なる土地の売却方法として、名義を変更するという方法があります。
今回は、土地の名義を変更する際の注意点についてお話しいたします。

土地の名義を変更する際には、登記されている名前を変更する必要があります。
この際には登録免許税というものが発生するでしょう。
土地や変更理由によってその費用は異なるため、自分が行う場合にはいくらかかるのか、事前に確認しておくと良さそうですね!

また、この登録免許税以外にも税金が課せられます。
売買の場合には譲渡所得税、相続の場合には相続税、贈与の場合には贈与税、不動産取得税がかかります。
理由によってかかる税金が違うという点を押さえておきましょう!

まとめ

土地の売却は名義人本人である必要があります。
また、名義人以外が土地を売却する方法には、名義を変更するという方法があります。
そのため名義人が異なる場合は、今回紹介した注意点を押さえて名義変更を行いましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。