不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討中の方!中古住宅売却で気をつけることを紹介します

中古住宅の売却をお考えの方はいませんか。
中古住宅の売却を考えている方は、売却する際にどのようなことに気をつける必要があるのか知りたいですよね。
特にはじめて不動産売却をする際に、どのようにすればよいかわからないという方も多いはずです。
今回は、中古住宅を売却する際に気をつけることについて解説していきます。

中古住宅の売却する際に気をつけることは?

ここからは、不動産売却の注意点をいくつか見ていきましょう。
まず、契約不適合責任に注意しましょう。
契約不適合 責任とは、不動産を売却した後に、欠陥が見つかった場合、売り主にその責任が問われることです。
例えば、隠れた傷や騒音などがこれに当てはまり、売主は賠償金を支払わなければいけません。
このようなことが起こらないようにするためにも、シロアリの被害、雨漏り、空調の故障など自分が認識をしているなら、隠すことなく業者に伝えるようにしましょう。
そうすることで、のちのちのトラブルも回避できるでしょう。

続いて気をつけることとしては、売るのにも費用がかかってしまうことです。
一般的な中古住宅売却では売却額の5から7パーセントの費用が売却する際に必要であると言われています。
内容としては、仲介手数料、印紙税、抵当権抹消費用、譲渡所得税、住民税、復興特別所得税などが当てはまります。

また、査定前にリフォームはしないようにしましょう。
売却をしようとしている住宅が劣化している場合や古い場合は、リフォームをした方が高く売れるのではないかとお考えになる方がいらっしゃるかと思いますが、相談をする前にリフォームをしてしまうのは避けましょう。
リフォームをしても、それほど高く売れない場合があり、むしろリフォームをすることで損をしてしまう場合もあります。
リフォームすると数百万円の費用が発生する場合が多いのですが、その費用以上に高く売れない可能性があるからです。
リフォームをお考えの方は、そのことを相談した上でリフォームするかどうか決定しましょう。

さらに、はじめは売り出し価格を少し高めに設定するようにしましょう。
不動産売却をする際、買主は値下げ交渉をしてくるのが一般的で、売主はある程度値下げに応じる必要がある場合が多いです。

まとめ

今回は、中古住宅を売却する際に気をつけることについて解説しました。
何に対しても専門家に相談することが大切だということをご理解いただけましたでしょうか。
こちらの記事を参考に、不動産売却をお考えください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。