不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却しようかお考えの方はいませんか?メリットを解説!

中古住宅を売却しようかお考えの方はいませんか。
売却しようと考えている方にとっては、売却することでどのようなメリットがあるか知りたいですよね。
そこで今回は、中古住宅を売却することでどのようなメリットがあるのか解説していきます。

中古住宅売却のメリット

ここからは、メリットについて見ていきましょう。
まず、なにより現金化ができる点が中古住宅を売却するメリットだと言えるでしょう。
売却を考えている場所を使用していなければ、資産を現金化できるのです。
売却で得た資金を使って住宅ローンを完済すれば、銀行保証料や、後の利子負担もしなくてよくなります。
また、新居をお考えの方は、現金化することで、そちらに資金として当てられます。

続いて、維持費が必要でなくなる点もメリットだと言えるでしょう。
自身が住んでいない住宅を持っている場合、定期的に掃除やメンテナンスなど維持費が必要となります。
使用もしていないのに維持費だけ支払うというのは、もったいないですよね。
維持するのは、お金も手間もかかりますので、不動産を管理するのが面倒だとお考えの方は売却することをおすすめします。

また、その他のメリットとしては税金の軽減ができることも挙げられます。
先ほど説明した維持費と似たところがあるのですが、不動産は所有していることで、それが使っていなかったとしても、固定資産税や都市計画税などの税金を支払う必要があります。
そのため、その不動産を売却することで、税金を支払う必要はなくなります。
また、残りの年数分の火災保険料や地震保険料が戻ってくることもメリットでしょう。

中古住宅売却のデメリット

ここからは、デメリットについて見ていきましょう。
まずあげられるデメリットとしては、収益を得る機会を失ってしまうことです。
不動産を保有し、アパート経営などを行う場合、家賃収入によって定期的に収益を得られます。
しかし、不動産を売却するとそれらの収益を得られる可能性はなくなってしまうのです。

また、売却するのにも一定の諸費用が必要となる点もデメリットとして挙げられます。
売却する際は印紙税、仲介手数料など費用が必要となる場面がいくつかあるのです。
これら費用は、合わさると想像していたより高額であるということも少なくありません。
事前にどれほど必要であるのか把握しておきましょう。

まとめ

今回は、中古住宅を売却することでどのようなメリットがあるのか解説しました。
売却するメリット・デメリットをそれぞれご理解いただけましたでしょうか。
売却をお考え方は、ぜひ当サイトにご連絡ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。