不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅売却をお考えの方へ!諸費用について解説します!

皆様は中古住宅を売却するとなっても一定の諸費用を払う必要があることをご存知でしょうか。
その諸費用を把握しないまま、中古住宅を売却するのは良くないですし、知りたいという方も多いことでしょう。
そこで今回は、中古住宅売却の際に必要となる諸費用について解説していきます。

中古住宅売却の際に必要となる諸費用

ここからは、諸費用をいくつか見ていきましょう。
まずあげられる諸費用は、不動産会社に支払われる仲介手数料についてです。
仲介手数料とは、不動産に対し中古住宅の売却を依頼する場合に必要となる費用であり、例えば、売却額が400万円を超える場合は、売却額×3%+6万円となります。
この仲介手数料は、仲介業務を行う際の費用であり、中古住宅の買い手との交渉などを行ってくれます。

続いて印紙税について見ていきましょう。
印紙税とは、売買契約書にかかる税金であり、その売買価格に応じて納める税金は異なります。
そのため、売買価格によってだいたい1,000円から6万円ほどです。
たとえば、3,000万円で売却する中古住宅の場合、1万円の印紙が必要となります。
販売価格を決定した際に、事前にどれほどの印紙税が必要となるか確認しましょう。

続いては、抵当権抹消費用について見ていきましょう。
こちらはその名の通り、ローンを完済した際に、抵当権を抹消するために必要となる費用のことです。
司法書士へ依頼すると、5,000円から2万円ほど必要となります。
自分でやると安く抑えることは可能ですが、自信があるという方以外は、難しく、重要なことですので、しっかりとした司法書士へ依頼する方が、良いでしょう。

続いて、ローンを一括返済するための費用について見ていきましょう。
売却する住宅に住宅ローンを利用していた場合、売却までに完済しておく必要があります。
この際、金融機関に対し、一括繰上返済を申請して支払う必要があり、それには手数料がかかります。
一括繰上返済にかかる金融機関への手数料は1から3万円となります。

最後に、譲渡所得税・住民税・復興特別所得税について見ていきましょう。
これらは、中古住宅を売却した後に利益を得た場合、確定申告で支払う税金のことです。

まとめ

今回は、中古住宅売却の際に必要となる諸費用について解説しました。
必要な費用の種類とおおよその値段についてご理解いただけましたでしょうか。
当サイトでは不動産売却に関するご相談を随時受け付けております。
不動産売却に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問合せください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。