不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討している方に向けて査定のポイントを紹介します

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却する機会はなかなかないですよね。
そのため、査定のポイントについて詳しくご存知の方は少ないでしょう。
そこで今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて査定のポイントを紹介します。

中古住宅売却の流れ

中古住宅の売却の流れを知っておけば、円滑に取引を進められるでしょう。

売却は
・不動産会社に査定依頼をする
・媒介契約を結ぶ
・売り出し
・決済と引き渡し
・確定申告
という流れで進みます。

それぞれの期間はおおよそ1ヶ月と考えておいてください。
売り出しの期間に関しては、物件の状況や価格、ニーズによって左右されるでしょう。
不動産売却で利益が発生した場合は、確定申告を忘れないようにしてください。

査定で見られるポイントとは

中古住宅を売却する際には、査定をします。
その査定の際に、見られるポイントを知っている方は少ないでしょう。
ポイントを知っておけば高額査定になる可能性が増えます。
ここからは査定で見られるポイントを4つ紹介します。

1つ目は、築年数です。
築年数は客観的に判断できる材料のため、査定に大きく影響するでしょう。
中古住宅で住宅ローン減税が受けられるのは、築20年以内と定められています。
そのため、築20年で資産価値が大きく変動するでしょう。

2つ目は、耐震基準です。
耐震基準は1981年に旧耐震と新耐震に分けられ、2000年には木造住宅に対する基準の変更がありました。
日本は地震が発生しやすいため、耐震基準が重要であることは明らかですよね。

3つ目は、間取りです。
一般的な住宅の間取りといえば、3LDKや4LDKでしょう。
こだわりの強い物件かどうかやユニバーサルデザインであるかどうかは査定に影響します。
生活のしやすさも重視されるため、間取りについても注意が必要です。

4つ目は、立地です。
日当たりや風通しの良さは物件を購入する際に確認しますよね。
そのため、立地は査定の際にも重視されるポイントです。

5つ目は、劣化具合です。
建物の劣化具合やひび割れ、水回りの傷みは必ず確認されるでしょう。
使用状況が悪く劣化が進んでいる場合は築年数が浅くても、査定額は低くなるかもしれません。

まとめ

今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて査定のポイントを紹介しました。
紹介した査定のポイントを頭に入れて、売却に臨むことをおすすめします。
当サイトで、その場で不動産の価格を把握できます。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。