不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討している方必見!確定申告の手順と注意点を紹介します

中古住宅の売却をお考えの方で、確定申告についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
確定申告はしたことがあるけど、不動産売却ではしたことがないという方は多いですよね。
そこで今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて確定申告の手順と注意点を紹介します。

確定申告の流れについて

確定申告は個人で行う方法と税理士に依頼する方法があります。
個人で行う場合は、税務署または確定申告の時期に市町村の庁舎等に設置される臨時会場で行います。
こうした時期には無料相談が開かれていることもあるため、積極的に利用してください。
税理士に依頼する場合は費用が発生するため、お金をかけたくない方は個人で行うことをおすすめします。

ここからは確定申告の流れについて紹介します。
まずは、確定申告に必要な書類を準備しましょう。
税務署で入手できる申告書とご自身で用意する書類があります。
必要書類に提出漏れや提示漏れがあると、問い合わせがくることがあるため、しっかりと準備しておきましょう。

書類が準備できたら譲渡所得税を求めます。
譲渡書録は売却価格から購入価格だけでなく、購入や売却時にかかった諸経費を差し引けます。
売却価格×5パーセントで計算すれば、概算取得費にもできます。
この部分は難しい用語があったり、計算があったりするため、不安な場合は無料相談を利用しましょう。

そして、確定申告の書類を記入します。
国税庁のホームページから作成すると便利でしょう。
その後、税務署で手続きを行います。
手続きが終了したら、納税または還付を受けます。

以上で確定申告の流れは終了です。

確定申告をしないと罰金が科せられる

確定申告をする必要があるときに確定申告をしなかった場合には、罰金が科せられることをご存知でしょうか。
確定申告を期限内にしなかった場合は無申告加算税が、税金の納付が遅れた場合は延滞税が科せられます。

無申告加算税は、納税額は50万円以下の場合税額の15パーセント、50万円を超える場合は税額の20パーセントを別途支払う必要があります。
また、延滞税は未納期間に応じて異なりますが、年利で課税されます。

このような罰金は支払いたくないですよね。
しっかりと余裕を持って確定申告を進めれば問題ないので安心してください。

まとめ

今回は、中古住宅の売却をお考えの方に向けて確定申告の手順と注意点を紹介しました。
確定申告の流れと罰金が科せられる可能性があることはご理解いただけたでしょうか。
中古住宅の売却をお考えの方は是非当サイトをご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。