不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地の売却を検討中の方へ土地売却で気をつけることを紹介します

「土地を売却したいけれど、何に注意して進めていけば良いのかわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
多くの方にとって、土地を売却することは初めての経験にあたると思います。
そこで今回は、土地売却をする前と後で、気をつけることを紹介します。

土地売却前に気をつけることについて

ローンを完済する

土地を所有している方の中には、ローン付きで購入した方が多いでしょう。
そのローンを払い終えない場合、その土地は売却できません。
このローンの支払いには、現在貯金している金額だけでなく、土地を売却した際に得られる利益も当てられます。
そのため、貯金額と売却価格の合計がローンの残高を上回っていた場合、その土地は売却できます。

土地の境界線を測量する

土地の売却において、その境界線をしっかり測量することは大切です。
その境界線を曖昧にして売却すると、後に塀や樹木の越境の問題に発展することがあるでしょう。
特に、都市部に土地を所有している方は、狭い土地が細かく区切られているため、問題が起きやすいと言われています。
境界線を測量する際には、測量士という専門家がいるため、専門家に頼むことをおすすめします。

相続した土地の相続登記をする

相続した土地の売却を検討されている方は、相続登記が完了しているのか確認する必要があります。
所有者の名義を変更する相続登記が行われていない場合、土地の売却はできません。
相続のみ行う場合、相続登記を行う必要がなく、行わない方がいらっしゃるため、忘れやすいポイントです。
相続登記を行う際は、ご自身でも行えますが、多くの書類や時間が必要なため、司法書士に依頼するケースが多いです。

土地売却後に気をつけることとは

土地売却後に売却益が出た場合、確定申告を忘れないようにしましょう。
売却益とは、売却金額から取得費や諸経費などの費用を差し引いた金額です。
この利益は、給与所得とは別の扱いになるため、たとえ会社員であっても、別途申告・納税する必要があります。
確定申告を忘れていたり、遅延したりする場合、延滞税という罰則があるため、注意しましょう。

まとめ

今回は、土地を売却する際に気をつけることを、売却前と後に分けて紹介しました。
土地を売却しようと考えていても、条件を満たしていなければ売れないため、注意が必要です。
注意するポイントが何かを頭に入れて、トラブルを起こすことなく、土地の売却を進めましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。