不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討中の方へ売却の流れについて紹介します

中古住宅の売却をご検討中の皆さん、不動産売却時の具体的な流れはご存知ですか。
不動産を売却する際には様々な手続きが必要なので、自分が思っていた通りに物事が進むか不安ですよね。
そんな時でも売却時の大まかな流れを知っておくことで安心感が生まれます。
今回は中古住宅の売却の流れについてご紹介します。

中古住宅の売却時の具体的な流れについて

まずは売却の時期を決定します。
自分のライフプランや税制の特例期限などを元にして、適切な売却時期を見極めましょう。
住み替える場合は、引っ越し先への入居時期も考えた上で判断してください。

この時に、不動産の相場を確認しておくことも重要です。
やはり少しでも高い売値がついた方が嬉しいですよね。

次に不動産会社に査定を依頼して、売り出し価格を決定します。
査定価格はあくまで目安なので、これを元にして売り出し価格を決めてください。

売り出し価格を決めたら、実際に売却活動を開始します。
この段階から購入希望者との交渉が始まり、お互いが同意したら売買契約を結びます。
契約時には必ず重要事項を自身で確認してください。
この契約締結時に売主は手付金を買主から受け取り、不動産会社に仲介料の半分を支払います。

最後にあらかじめ決めておいた日時に買主への不動産の引き渡しを行い、売却が完了します。
この時にスムーズに鍵の引き渡しを行えるように、事前に買主としっかりコミュニケーションをとっておきましょう。

中古住宅売却時の注意点について

ここではいくつかの中古住宅を売却する際に注意しておきたいポイントを紹介します。

はじめに、査定額と実際の売値は異なることを理解しておきましょう。
高い価格を設定していつまでも売れなければ、売れ残り物件と判断されるかもしれません。
不動産仲介会社と念入りな相談をした上で、適正な価格設定を行いましょう。

これに加えて、不動産仲介会社を慎重に選定することも重要です。
査定額のみを基準にして選ぶのではなく、実際に担当者と話してみて売り手に寄り添った提案をしてくれるかどうかで判断しましょう。

ここで紹介した注意点を参考にして、中古住宅の売却を進めてください。

まとめ

今回は、中古住宅販売時の流れについて紹介しました。
冒頭でも述べたとおり、これらの流れと注意点を頭に入れておくことで、よりスムーズに住宅を売却できるでしょう。
中古住宅の売却をご検討中の皆さんは、ぜひ当サイトを利用して、マイホームの査定額を確認してみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。