不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地の売却を検討中の方へ必要書類について紹介します

土地の売却を検討しているという方はいらっしゃいませんか。
土地の売却はなかなか経験することではないですよね。
そのため、詳しく知らない方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、土地を売却する際の必要書類について紹介します。

必要書類について

土地を売る際に必要な書類は、大きく分けて3種類に分けられます。
それぞれについて紹介します。

1つ目は、売主に関する書類です。
売主は身分証明書、印鑑証明書、実印、銀行口座の書類、住民票が必要なので、しっかり準備しましょう。
認め印を実印として使用できないため、注意してください。

また、土地を共有している場合は、共有者全員の実印が必要な点に気をつけてください。
複数人の実印を用意するには、時間がかかるため、事前に準備しておきましょう。

2つ目は、権利に関する書類です。
登記識別情報、一般的には権利書と呼ばれるものを用意しましょう。
こちらは、登記名義人が不動産を所有していることを証明してくれます。
土地を売却する際には、登記権利証の所有権を買主に移す必要があるため、権利証はとても重要でしょう。

3つ目は、土地に関する書類です。
固定資産税納付書、土地測量図面、境界確認書、建築確認通知書、工事記録書などが必要です。
土地に関する書類はかなり多いため、依頼した不動産会社と一緒に確認してもらいましょう。
この書類の中でも、土地測量図面はかなり重要です。

土地測量図面は土地のどの部分を売り出すのかを明確にするために必要です。
また、土地の境界線がはっきりしていない場合は、隣り合っている土地の所有者の方に了承を得て測量図面を作成します。
このように複数の書類を集めたり、作成したりするのには時間がかかるため、気をつけてください。

土地売買の取引を円滑に進めるためには、必要書類を不足なく揃える必要があります。
事前に余裕を持って準備しましょう。

紛失した場合の対処方法について

今回紹介した書類の中には、土地の査定時から引き渡しの時まで必要になるものがあります。
こういった書類を紛失した時は、すぐに対策をしましょう。

登記の権利証は紛失しても、再発行してもらえません。
対策方法としては、司法書士の方が本人確認情報を元に所有証明をするか事前通知制度を利用することです。
事前通知制度とは、登記所との事前のやり取りによって本人証明を行うことです。

固定資産税納付書を紛失した場合は、名寄帳の写しを取得してください。
自治体の税務相談を受けつけている窓口に相談すれば取得できるでしょう。
また、郵送でも取得できます。

まとめ

今回は、土地を売却する際の必要書類について紹介しました。
必要書類の準備には時間がかかることが予想されます。
そのため、あらかじめ余裕を持って準備しましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。