不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却したい方へ確定申告の必要性を紹介します

中古住宅の売却を考えているという方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を売却して利益が発生すると、確定申告をする必要があります。
確定申告の必要書類や添付書類について詳しい方は多くないでしょう。
そこで今回は、中古住宅売却時の確定申告と手続きに必要なものを紹介します。

確定申告の必要性とは

そもそも確定申告とは、1月1日から12月31日までに発生した所得の合計金額を税務署に申告し、税金を納めることです。
一般的なサラリーマンは、会社が手続きを行うため、確定申告をする必要はありません。

しかし、中古住宅を売却した時、つまり、不動産を売却した時に給与所得以外の利益が発生するかもしれないですよね。
その場合は、確定申告をする必要があるでしょう。

売却時の利益とは、売り出しの際にかかった費用や諸経費から売却の利益を差し引いて、残った金額のことを指します。
この売却益は、課税譲渡所得に分類され、売却益に応じた譲渡所得税を納税する必要があります。
確定申告は、売却した次の年の2月16日から3月15日までの間に行います。

売却時に利益が発生しなかった場合は、確定申告をする必要はありません。
しかし、不動産売却で損益が出た場合も確定申告をした方が良いでしょう。
理由は所得と損益の合計によっては、税金を抑えられるかもしれないからです。
そのため、損益が出た場合も必ず確定申告するようにしましょう。

確定申告で必要なものとは

確定申告の用紙は、最寄りの税務署で入手できます。
または、インターネットでコピーしても良いです。
しかし、確定申告の用紙には、給与所得者専用の用紙と個人事業者専用の用紙があります。
給与以外の所得がある方は、個人事業主専用の用紙を使うと良いでしょう。

また、分離課税の申告書を準備しましょう。
分離課税では、給与や事業収入と売却時の利益を別のものとして、税額を計算します。
個人事業主専用の書類であれば、書類の指示に従って作成できるでしょう。

さらに、中古住宅などの不動産を売却した場合は、譲渡所得の内訳書が必要になります。
不動産の所在地、土地の面積、売却金額を国税庁のホームページの例を参考にして、作成してください。
不動産の取引時に税務署から書類が送られてくるため、その書類を大事に保管しましょう。

加えて、登記簿謄本、住居取得時と売却時の資料も準備してください。
確定申告をする際の添付書類として必要になります。
登記簿謄本は、履歴事項全部証明書を準備しておけば、問題ないでしょう。

住居取得時は売買契約書と費用の領収書、住居売却時は仲介手数料の領収書、費用の領収書を用意してください。

まとめ

今回は、中古住宅売却時の確定申告と手続きに必要なものを紹介しました。
確定申告の必要性と必要な書類についてご理解いただけたでしょうか。
様々な書類を準備する必要があるため、あらかじめ余裕を持って用意しましょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。