不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却の前にリフォームしたほうがいいのか?詳しくご紹介します

「中古住宅を売却する前にリフォームするべきか迷っている…」
やはり、中古住宅の売却前にリフォームしたほうが得をすると考える人は多いのではないでしょうか。
しかし、実際のところ、得をするのか損をするのか気になるところですよね。
そこで今回は、中古住宅の売却の前のリフォームについてご紹介します。

売却の前にリフォームすると損する可能性がある?

中古住宅の売却の前にリフォームすると損する可能性があるというのは、本当なのか気になりますよね。
結論から申し上げますと、「損する可能性が高い」と言えるでしょう。
中古住宅をリフォームするには、当然費用がかかります。
そのリフォーム費用を売却によって回収できない場合が多く、得をする事例もほとんどありません。
結果、安易に中古住宅の売却の前に、リフォームをすると損をする可能性が高くなります。

また、具体的な理由として、次のような2点が挙げられるでしょう。

価値は内装ではなく、築年数で決まる

中古住宅の価値は、内装ではなく、築年数が重要となります。
よって、リフォームによって内装を新しくしても、価値が高くなる可能性は少ないのです。

リフォーム前提で購入する人が多い

中古住宅を購入する人は、購入後にリフォームをすることを前提としている場合が多いです。壁紙や仕上げなど細かいインテリアなどの内装は人それぞれ好みが違うので、売り主で内装すべてをリフォームをするなど、 リフォーム しすぎることが逆効果になる可能性もあるでしょう。

リフォームよりもハウスクリーニングがおすすめ?

中古住宅を売却する前に、リフォームすると損する可能性があることが分かっていただけたことでしょう。
では、どうすれば中古住宅が売れやすくなるのでしょうか。

実は、「ハウスクリーニング」を行うことで中古住宅は売れやすくなります。
リフォームとなると、場所によっては数十万円から数百万円ほどかかってしまいますよね。
一方で、大掛かりなリフォームと比べて、ハウスクリーニングは安い費用で済み、売れる可能性にも期待できるでしょう。
特に、キッチンや浴室などの水回りは、清潔感が重要となる場所です。
ハウスクリーニングを行うことで、購入希望者の方が好印象を持ち、売れやすい中古住宅を実現できます。

まとめ

中古住宅の売却の前のリフォームは、多くの方が後悔してしまう落とし穴です。
過度なリフォームをする必要がないことも少なくありません。
中古住宅の売却の前にリフォームを検討している方がいらっしゃいましたら、今回の記事を参考に、ハウスクリーニングを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。