不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地を効果的に分筆して売却するための手順と注意点!

土地を一部だけ売却したいとお考えの方はいませんか?
「分筆の際の手順について知りたい。」
「土地を分筆する注意点について知りたい。」
このように、分筆にお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、取っつきにくく難しそうですよね。
そこで今回は、分筆の手順とポイントについてご紹介します。

土地を分けて売却する際に分筆は必要?

結論としては、土地を実際に分けて売却したい場合は分筆をしないといけません。
そのまま土地の50%を売却すると所有権の半分を売ることになります。
これによって納税責任の所在などは半分譲渡されます。
しかし、土地の半分を売ったことにはなりません。
つまり、物理的に土地の一部を売却したい際には分筆を行うのです。

分筆の手順とは?

それでは具体的に分筆の手順についてご説明します。
まず、分筆を行うために測量図を作成しましょう。
次に、境界確認書という隣人との境界の合意を書面化したものを作成します。
最後に、境界を明らかにする測量図を作成すれば分筆の登記が可能となります。

分筆の際のポイントとは?

建築基準法に則り分筆を行う

分筆をする際に気をつけなければいけないのは法律の遵守です。
法律に則った分筆をできているか専門家に確認をとるのがおすすめです。
まず、分筆の文脈では建築基準法がよく出てきます。
この法律に基づくならば、敷地の道路幅員が4m以上で道路に間口が2m以上接している場合のみ建物を建てられます。
これは、一般的な住宅地のほとんどに適応される規定です。
また、接道義務に基づいて敷地が4m以上の道路に間口が2m以上接していなければなりません。

切り方で価格が変わる

先述した接道義務をはじめとする建築基準法を無視して分筆することは大切です。
切り方によって価格が変わる可能性があるからです。
例えば、旗竿地のような切り方をすることで土地の価格を下げずに分筆を行えます。
高価で売却するための分筆戦略を練りましょう。

まとめ

今回は、分筆についてご紹介しました。
結論としては土地を分けて売却したい場合は分筆が必要です。
分筆登記まで済ませてから売却することは忘れないようにしたいですね。
分筆の際には、建築基準法に則り行われているかをご確認ください。
また、売却の際に当サイトを利用すれば、土地を売却したい方はweb上で値段が確認できます。
不動産売却の専門家が運営する当サイトがお客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当サイトをご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。