中古住宅を高く売却したい!査定のポイントをお伝えします!

「中古住宅の査定基準が知りたい!」
「売却の際に注意すべきポイントってあるの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
中古住宅の売却額は査定基準によって決まります。
住宅を売却する際は高い査定評価を受けたいですよね。
ポイントを押さえれば、比較的高額に売却できるかもしれません。
今回はそんな方のために「中古住宅の査定のポイント」と「売却の注意点」について詳しく解説します。

□中古住宅の査定のポイント

*相場を把握する

インターネットや物件情報のチラシから相場を調べられます。
似た条件の物件情報を検索すると、相場の全体感をつかめます。
当サイトをご利用すれば無料で全国の物件情報を閲覧できます。
お手軽に物件情報を検索できますので、ぜひご活用ください。

*人気の物件を確認する

築年数が古い場合、売却額が安いと考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、長年の手入れで外観が綺麗な状態の物件は、高額売却を見込めます。
さらに、公共施設や商業施設までの距離、立地状況の良い物件はより高額に取引できます。
人気物件を参考にすると、具体的な査定基準を把握できるでしょう。

*中古住宅の魅力を紹介する

中古住宅の査定評価は築年数や外観だけではありません。
所有する中古住宅の周辺環境や立地条件をまとめてください。
内覧の際は、中古住宅と生活環境の魅力を丁寧に説明することが大切です。

*査定額が高くなる基準

査定額の評価基準に、物件の設備やグレードがあります。
特に、耐震性や省エネを向上させるリフォームは高評価です。

□売却の注意点

*土地の境界線を明確にする

土地の権利と隣接状況の確認をしましょう。
「確定測量図」や「境界確認書」は土地の境界線を証明できます。
曖昧な境界線の場合はトラブルになる恐れがあるため、周辺の測量を依頼してみてはいかがしょうか。

*売買契約に目を通す

売却後に、雨漏りや配管の不備のような物件の欠陥が発覚するケースがあります。
その場合、売り主側の責任に当たる恐れがあります。
売却取引前には「売買契約書」に目を通して、責任関係の把握をしておくことが大切です。

□まとめ

今回は「中古住宅のポイント」と「売却の注意点」について詳しく解説しました。
中古住宅の売却額は周辺環境や立地状況で左右されます。
また、付加価値の高いリフォームをしている場合、高評価が見込めるでしょう。
みなさまの当サイトのご利用、心よりお待ちしております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
経験豊富なスタッフが中古住宅の査定に関して全力でサポートいたします。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A

不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王

不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン