中古住宅が売れないのには理由がある!?売却するためのポイントとは

「中古住宅を売却したいが、本当にうまく売れるのか心配」
「売れる住宅と売れない住宅の違いってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
引っ越しや相続のために、住んでいた家を中古住宅として売却しなければならないタイミングは誰にでもあります。
しかし、中古住宅を売却したことがない方にとって、売却できるかどうかの不安は尽きませんよね。
そこで今回は、中古住宅を売却するためのポイントについて紹介します!

□中古住宅を売却するためのポイント

*売り出し価格の設定

一番重要となるポイントが、売り出し価格の設定です。
通常売り出し価格は、地域内の似た条件の住宅の相場と査定額によって決まります。
しかし、売れない住宅では、査定額と全く同じ価格で売り出していることが多いです。
これでは、価格が高くなりすぎてしまい、買い手も手を出しにくくなります。
そのため、査定をする前に、地元の不動産会社で周辺の住宅の相場を確認するようにしましょう。

*物件の状態

物件の状態も売却できるかどうかに大きく関わります。
外見がその分かりやすい例です。
外見がきれいでないと、少し購買意欲が下がりますよね?
そのため、売り出しをする前に、外壁の掃除を清掃業者に依頼するといいかもしれません。
また、住宅の中を整備しておくことも必要です。
例えば、蛇口や障子が壊れていることが挙げられます。
このような破損があると、住宅全体の印象が下がってしまいます。
確実に買い手の信頼を勝ち取るためにも、補修作業をきちんと行いましょう。

*売り手の人柄

意外と忘れられがちなのが、売り手の人柄です。
買い手が物件を買う前に必ず住宅の内覧を行うので、そのタイミングで顔を合わせます。
また、その他にもさまざまなタイミングで、買い手と接する機会があります。
そこで悪い印象を持たれてしまうと、購入を考え直してしまうことが稀にあります。
そのため、買い手側と接する際には、良い印象を持ってもらえるように心がけましょう。

□まとめ

今回は、中古住宅を売却するためのポイントについて紹介しました。
このように、いくつかのポイントに注意して売却活動を行うだけで、売却できる可能性は大きく変わります。
もしこれから、中古住宅を売却されるようでしたら、これらを参考にして、売却の戦略を練ってみてください。
また、不動産売却王ではインターネットで簡単に不動産の売却額査定ができ、多くの方にご利用いただいております。
その他にも、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A

不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王

不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。