? エアコンなどの住宅設備に不具合がある場合は修理しなくてはいけませんか?


特に必要ありません。


ただし、一般的に使用できない状態のものは撤去を希望される買主様がほとんどです。
また、設備の中でも給湯器のような日常生活に不可欠なものに不具合があると売買自体が成立しにくいので、
この場合は事前の修理をお勧めします。


また、契約時には「付帯設備表及び物件状況等報告書」という書類を作成します。
買主様に引き渡す付帯設備や物件自体に見えない不具合が有り、それを把握している場合はその箇所をあらかじめ知らせる必要があります。