? 建物が傷んでいる部分があります。黙っていても大丈夫でしょうか?


不動産を売却する場合、実は「不利になるのでは?」と思われることを明らかにした方が有利になります。


黙って販売して一定期間に発覚すると、瑕疵担保責任により売主様負担で補修の義務が生じます。