不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

隣地斜線制限

隣地斜線制限とは、隣接する敷地の日照、通風、採光などを確保するために、建築物の高さを制限するための規制である。
建築基準法第 56 条に規定されている。

建築物の高さは、隣地境界線から建築物までの水平距離に、定められた係数を掛け合わせた数値より低くする必要がある。
すなわち、隣地境界線から建築物までの距離が長いほど、高い建築物を建てることができる。

隣地斜線制限は、第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域以外の用途地域で適用される。
これは、隣地斜線制限で制限される建築物の高さは少なくとも 20m 以上であるため、建築できる建築物の高さが 12m 以下とされている 第一種低層住居専用地域及び第二種低層住居専用地域は実質無関係となるためである。

先述した、限度となる高さを求めるための係数、及び適用を受ける建築物の高さは、用途地域ごとに異なっており、以下のようになっている。
(1) 第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域の場合
・高さが 20m 以上の建築物で、水平距離の 1.25 倍以下であること。
(2) (1) 以外の用途地域の場合
・高さが 31m 以上の建築物で、水平距離の 2.5 倍以下であること。

また、斜線制限にはその他に「道路斜線制限」「北側斜線制限」がある。

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。