不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

準都市計画区域

準都市計画区域とは、都市計画区域外の土地において、公共の交通網などの整備や開発・保全のために、土地の所有者による無秩序な開発や建築を規制するために設ける区域のことである。

例えば、高速道路のインターチェンジ周辺などがこれに該当する。

都道府県が指定する。

準都市計画区域では、3000㎡以上の開発を行う場合、都道府県知事または市長の許可が必要である。
また、建物の新築や増改築移転する場合は、特定行政庁に申請し、事前に建築確認を受ける必要がある(増改築移転の場合は床面積が10㎡より大きい場合)。

準都市計画区域には、「用途地域」「緑地保全地域」「特定用途制限地域」「特別用途地区」「高度地区」「景観地区」「風致地区」「伝統的建造物群保存地区」を指定することができる。

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。