不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

相続した土地を売る際に大切な節税対策と高値で売る戦略とは!

相続した土地を売りたいとお考えの方はいませんか?
「土地を相続したけどできるだけ高く売りたい。」
「相続した土地を売る方法がわからない…」
このように、相続した土地をどのように売るかお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、相続した土地を効果的に売る方法についてご紹介します。

不動産を売る際にかかる税金は?

相続した土地を売る際に考えたいのが税金です。
どのような税金がかかるのかご説明します。

契約時の印紙税とは?

まず、土地を売る際には売買契約を結びますよね?
この時に、契約書に対し売買した金額に応じて印紙税は発生します。
例えば、500万円から1000万円で土地を売る場合、1万円の印紙税がかかります。
もし1億円から5億円で売る場合は、10万円の印紙税がかかります。

利益に応じてかかる譲渡所得課税とは?

譲渡取得課税とは、土地を売る際に利益が出た場合に発生する税金です。
保有期間によって税率は変動しますのでご注意ください。
例えば、土地の保有期間が5年を超える場合、譲渡所得×15%(所得税)×5%(住民税)の計算式で算出します。

節税するには?

相続した土地を売る場合は、利益を大きくするために少しでも節税したいですよね?
土地を売る際の節税の方法について2つご紹介します。

取得費加算の特例を利用する

実は、土地の保有期間によっては取得費に一定の相続税額を加算できる制度があります。
ちなみに、この保有期間は相続してからの期間で計算されます。
したがって、相続してから3年10ヶ月以内で手放すことで、節税対策になる場合があるのです。

相続した土地を高値で売るには?

土地を売却する際は、売却先として2つの選択肢をご検討するのがおすすめです。
ここでは土地の売却先の選択肢として2つをご紹介します。

不動産業者に直接売る

不動産業者に売る場合は複数の業者に打診して最高値で売れる業者を探すのがおすすめです。
一般の方が買えないような土地の場合は、業者に打診すると売れるかもしれません。

一般の方に売る

一般の方に売る場合は不動産業者に仲介してもらい買い手を探してもらうのが基本のようです。
自由に価格が決められますので、売れる最高値を見極めて価格設定するのがおすすめです。
誰にでも売れそうな魅力のある土地なら一般の方にも売れる可能性は高いでしょう。 

まとめ

今回は、相続した土地を高値売る方法についてご紹介しました。
相続した土地を売却する際には、ほとんどの場合税金がかかります。
取得費加算の特例を利用して節税した上で、できるだけ高値で売る最適な選択をしたいですね。
また、相続した土地の売却の際は当サイトご検討ください。
土地の売却したい方はweb上で値段が確認できます。
不動産売却の専門家が運営する当サイトがお客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当サイトをご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。