不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

実家の処分をお考えの方に向けて処分方法を詳しくご紹介!

「住まなくなった実家を早めに処分したい」
このようなお考えをお持ちの方は少なくありません。
ただ、どのように処分すれば良いのか分からないといった声が多くあります。
そのような方に向けて、今回は実家の処分方法について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□住まない家を放置しておくデメリット

住まない家を放置することには数多くのデメリットがあります。
そこでここでは、そのデメリットと具体的な処分方法について解説します。

*放置することのデメリット

住まない家を放置すると、以下のようなデメリットが発生します。
・老朽化が進む
・近所トラブルが起こるリスクがある
・固定資産税がかかる

人が住まなくなった家は換気が行われないため、老朽化が早まってしまいます。
そのため、台風や地震などの自然災害が発生した際に倒壊してしまうリスクもあります。
これを管理するためには多くの手間と時間がかかってしまうため、デメリットの1つ目に挙げさせていただきました。

2つ目の近所トラブルは、景観の悪化を原因としたものが多いです。
実家を放置していると、1つ目に挙げたように老朽化が進みます。
これは、家の見た目がどんどん悪くなっていくだけではなく、庭の草木も生い茂っていきます。
これが近隣にお住まいの方にも迷惑がかかるような状態であると、トラブルに発展するリスクが極めて高いといえるでしょう。

3つ目の固定資産税は不動産を所有しているだけで発生する税金です。
つまり、有効活用できていない不動産を所有し続けるのは大きな負担を伴います。
老朽化のリスクから建物を解体して更地で所有し続ける方も中にはいらっしゃいますが、建物を解体すると固定資産税が上乗せされるため注意が必要です。

*処分方法について

では、このようなデメリットが多い家はどのように処分すればよいのでしょうか。

1つ目に挙げられる方法は売却です。
不動産業者へ直接買取を依頼したり、不動産業者に仲介してもらって売却したりといった方法が一般的です。
こちらの方法は実家を手放せるだけでなく、ある程度の資金が得られる可能性があります。
そのため、初めに考えておきたい処分方法と言えるでしょう。

もし、売却を検討されるのであれば当サイトのような不動産一括査定のご利用をおすすめします。

2つ目は寄付することが挙げられます。
自治体によっては土地の寄付を受け付けている場合もありますが、固定資産税は自治体にとって重要な財源であるため、実際にはほとんどの場合で受け付けていません。
法人でも受け付けてくれる場合はありますが、営利法人の場合は寄付をした人が譲渡所得税を納める必要があります。

現実的に考えると、親戚や知人で欲しい人がいないかを確認するのがおすすめです。
この場合は、寄付を受けた人が贈与税を支払うことになるため注意が必要です。

3つ目の方法は貸し出すという方法です。
親戚や知人、企業に貸し出せそうな場合はこの手段が有効です。
企業の資材置き場などに指定された場合でも多くの収入を望むことはできません。
また、一度貸してしまうと何年間かは返還されなくなることもあるため、よく検討しておく必要があります。

□実家を売却する前の準備

先ほどは、住まなくなった実家を放置しておくデメリットと処分方法について解説しました。
ここからは、先ほどご紹介した処分方法の1つである売却の準備についてご紹介します。

実家を売却するためには準備が必要になってきます。
まず、名義変更をしておく必要があります。
相続が完了している場合であっても、実家の登記名義人が売却する人と一致していなければ不動産は売却できません。
それゆえに、売却される際は実家の登記変更を必ず行っておきましょう。

相続により取得した場合は、登記の名義変更には相続人の同意が必要になってきます。
早めに手放したいと考えている場合は、事前に話を進めておく必要がありますね。

登記変更の際は、書類をそろえて登録免許税を支払う必要があります。
司法書士に手続きを依頼した場合はさらに費用がかかるため注意しておきましょう。

次に片付けです。
実家を処分すると決まれば、実家にあるものを片付けなければなりません。
両親が他界されている場合は、遺品の整理が必要になってきます。

整理を代行してくれる業者に依頼すれば、手間と時間を大幅に削減できますが費用はかかります。
実家が遠い、時間の余裕がない方はこのような方法をとるのもおすすめです。

最後は仏壇の引っ越しです。
意外に忘れがちですが、実家を処分する際仏壇の引っ越しが必要になりますよね。
仏壇の引っ越しは他のものとは違う特殊な手続きや運搬を行う必要があります。
宗派によって扱いが異なるため、ご自身でよく確かめておきましょう。

□実家を売却する際の流れ

先ほどご紹介した準備が完了すれば、実際に売却に進みます。
ここからは、実家を売却する際の大まかな流れについてご紹介します。

まず、不動産を売却する場合は基本的に不動産会社に査定を依頼することから始まります。
実家を適正価格で売却するためにも複数の不動産会社に査定してもらう必要があります。
そこでおすすめなのは、不動産一括サイトです。

当サイトのような不動産一括サイトでは、実家の情報をご入力いただくことで複数の会社から効率よく査定してもらうことが可能になります。
売却される際は、ぜひご活用ください。

次に不動産会社と契約を結んでいきます。
不動産会社に仲介を依頼する際に締結する契約のことを媒介契約と呼びます。
査定の結果に満足が行き、信頼できる不動産会社が見つかれば正式に媒介契約を結んでいきましょう。

これが終われば、売却活動が開始されていき、内覧希望者が現れれば内覧の対応をしていくことになります。
家を早く高く売るためには内覧は重要です。
そのため、家の中の清掃は入念に行っておくことをおすすめします。
特に水回りは気にされる方が多いため、重点的にきれいにしておきましょう。

購入するという方が決まれば条件の調整を行い、売買契約を結ぶことになります。
売買契約を結ぶ際の重要事項説明は非常に重要ですので、内容はしっかりと確認するようにしてくださいね。
決済と引き渡しが完了すれば、売却は完了となります。

以上が売却する際の大まかな流れになります。

□実家を売却する際の注意点

ここまで、実家の売却方法について詳しくご紹介してきました。
ここからは、実家を売却するうえで気を付けておきたいことをご紹介します。

1つ目の注意点は放置したままの状態では売れにくいということです。
建物の劣化が進んでいる場合は買い手が見つかりにくくなる恐れがあります。
具体的にはシロアリの被害がある、雨漏りを起こしているといったような状態です。

このような家は構造自体に問題があると考えられる方もいらっしゃるため、建物があると売れにくい場合があります。
しかし、解体にも費用がかかりますし、買い手が見つかる可能性もあります。
そのため、解体するかしないかは不動産会社とよく話し合って決めることをおすすめします。

2つ目は業者選びです。
不動産会社は一般的に売れやすい不動産に力を入れる傾向があります。
そのため、古い家は売れ残ってしまうことも少なくありません。

このようなことを防ぐためには、しっかりと対応してくれる不動産会社かどうかをよく見極めておく必要があります。
不動産会社を複数社比較検討するのが最も有効な手段と言えますね。

□まとめ

今回は、実家の処分方法について詳しく解説しました。
実家を処分される際は、まとまった資金が得られる売却から検討されることをおすすめします。
当サイトでは不動産の一括査定を行うことが可能です。
売却をお考えの際はお気軽にご活用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。