不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

持ち家をすぐ売るためには?後悔しない方法を紹介します!

「持ち家を今すぐにでも売りたい」
このようなご要望をお持ちの方は少なくありません。
ただ、後悔しないように売却するためにはいくつか知っておきたいことがあります。

そこで今回は、持ち家をすぐ売るための方法をご紹介します。
ぜひお役立てください。

買ったばかりの家を売る際の注意点とは

持ち家が購入したばかりの家の際は注意しておきたいことがいくつかあります。

まず挙げられるのは中古の家になると価値が一気に下がってしまうことです。
家の価値は新築時が最も高く、その後は築年数が経過すれば経過するほど価値が低下していきます。
そして、築年数20年までは1年ごとに大きく価値が低下します。
そのため、売却をしたいとお考えの場合はすぐ売らないとどんどん損をする恐れがあります。

次に挙げられるのは家が売れたとしても税率が高いことです。
家を売って利益を得た場合、住民税や所得税といった税金を納める必要があります。
この売却益に課される税率は、家の所有期間によって変わってきます。

具体的には所有期間が5年を超えている長期譲渡所得と、5年未満の短期譲渡所得があります。
税率は長期譲渡所得の方が低く、短期譲渡所得の方が高いです。
このことも、買ったばかりの家を売る際には注意しておきたいですね。

その次に、家を売る理由次第では買主がなかなか見つかりにくいことがあげられます。
住宅自体に物理的な問題があったり、事故や事件が発生したりする物件は買主が見つからないことがあります。

買ったばかりの家を売るとこのようなリスクがありますが、対策もあります。
1つ目に考えられるのは、思い立ったらなるべく早く売り始めることです。
先ほどもご紹介したように、築年数が経過すれば経過するほど家の価値は低下していきます。
どうせ売るのであればなるべく高く売れる時期売ってしまう方がお得と言えるでしょう。

2つ目は一括査定で相場を知っておくことです。
当サイトのような不動産を一括査定できるサービスを知ることで、高く売却できる不動産会社を見つけられます。
少しでも高く売りたい方は活用をおすすめします。

早く売る必要がある場合について

先ほどは買ったばかりの持ち家を売却する際の注意点と対策をご紹介しました。
ここからは、先ほどとは異なって早く売ってしまった方が良い場合をご紹介します。

1つ目は離婚により財産分与をしなければならない場合です。
夫婦が離婚する場合、一般的にはマイホームも財産分与する必要があります。

稀にどちらかが住み続ける場合もありますが、ローンの残債によっては売却してローンを完済する方針になることもあります。
この場合、家が売れない限り財産分与の手続きが完了しないためなるべく早く売りましょう。

2つ目は相続による遺産分割が必要な場合です。
家が相続財産となっている場合は、相続人間で売却して得たお金を分割する必要があります。
この場合もなるべく早く売りに出さないと遺産分割協議で揉めてしまうことになります。

3つ目は債務返済のために売却する場合です。
負債を抱えてしまい自宅が差し押さえられてしまうとなった場合は競売にかけられる前に売っておくことをおすすめします。
ただ、売却してもローンの残債がある場合は、任意売却という方法もあります。

これらの場合に当てはまる場合は、なるべく早く不動産会社に相談されることをおすすめします。

家の売却に適したタイミングとは

ここまで、早く売却した方が良い場合をご紹介しました。
ただ、先ほどご紹介した以外にも家の売却に適したタイミングというものが存在します。

1つ目は土地の価格が上昇している時です。
土地の価格が上昇している場合は、家も高く売れる可能性があります。
冒頭でもご紹介した通り、一般的には家は築年数が経過するごとに価値が下落していきます。

一方で、周辺に人気の大型商業施設ができたり、駅が開通して交通の利便性が高まったりすると局地的に不動産の価値が高まる場合があります。
このような場合は家の売り時と言えます。

2つ目は引っ越しシーズンです。
転勤や進学などで転居が一気に増える新年度のシーズンは買い手が見つかりやすくなります。
あまり手間をかけずに売却できるため、2月から3月あたりは家の売り時と言えます。

3つ目は不動産の価格が大きく下がる前です。
何度もご紹介するように、不動産は築年数が経過すると価値が大きく下がっていきます。
マンション、戸建てにかかわらず、築16年から20年の間は一気に価格が下がってしまう傾向があります。
なるべく高値で持ち家を手放したい場合は築15年以内が売り時と言えるでしょう。

これらに当てはまる場合も早期に売却されることを検討されてみてはいかがでしょうか。

家を売る流れについて

ここまで持ち家の売り時について詳しく解説してきました。
ここからは家を売る際の流れや注意点などを詳しくご紹介します。

*家を売却するための情報収集

家を売ることを決断した場合、真っ先に調べておきたい情報は不動産の価格です。
不動産は一般的に販売されている工業製品とは違い、1つ1つ状態が異なります。
そのため、同じ地域にある同じぐらいの広さの建物であっても価格が大きく異なることもあります。

とはいえ、全く不動産の価格を自分で調べられないかと言うと、決してそんなことはありません。
近年では、さまざまなデータから持ち家の価値を知れます。

例えば国土交通省が後悔している売買事例を調べることで、周辺のある程度の土地の価格をご自身で調べられます。
また、周辺の不動産業者が出している広告も一定の目安となるでしょう。

そして、複数の不動産会社に家の査定を依頼するのもおすすめです。
ただ、時間のない方であれば「複数の不動産会社に出向くのは負担」と感じられるのではないでしょうか。
そのような方のために当サイトでは、複数の不動産会社の査定価格を調べられますので、ぜひご活用ください。

契約締結と引き渡し

情報収集が完了すれば、売却を依頼する不動産会社を決めていきます。
不動産会社を選択したら媒介契約を結びます。

媒介契約を結ぶ際は様々な重要事項の説明がありますので、よく確認するようにしておきましょう。
分からないことがあれば、すぐに質問してくださいね。

媒介契約が締結されれば、売買活動が始まります。
買い手が見つかれば内覧の対応をします。
内覧が完了し、購入を希望する人が現れれば、価格や引き渡し時期などの交渉をし、売買契約を結びます。
この際も、後でトラブルがないように十分に話し合うことを心がけましょう。

売買契約が無事締結されれば、契約書に記載された期日までに手続きや決済などを進めて行きます。
この時、ローンの残債が残っている場合は受け取った代金から全額を返済し、抵当権を抹消しておく必要があるため注意しましょう。
これらが完了すれば無事引き渡しとなります。

期間について

ここまでの流れにかかる期間としては、査定から媒介契約締結までにおおよそ2週間から4週間がかかります。
販売期間は早くて1か月、長い場合は半年ほどかかる場合があります。
売買契約が締結されてから引き渡しまでには一般的に1か月から2か月かかります。

期日がある場合は早めに行動しておくことが肝心です。

まとめ

今回は、持ち家をすぐ売るための方法をご紹介しました。
持ち家を売って後悔しないようにするためにも、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、当サイトでは不動産の売却に関わる情報を確認することが可能です。
売却をお考えの際は、当サイトを活用して不動産の価格を調べてみてくださいね。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。