不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却をお考えの方へ!相場をご紹介します

中古住宅の売却をお考えの方で、いくらくらいで売れるのか知りたいという方はいらっしゃいませんか。
いくらくらい資金が手に入るのか、気になるところですよね。
中古住宅の売却額はさまざまですが、相場は存在します。
ここでは売却額の相場をご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

中古住宅を売却する際の相場とは

中古住宅の売却価格を左右する要素は様々ありますが、最も大きな要因は築年数でしょう。
ここでは築年数別住宅の価格相場をご紹介します。

一般的に、築20年程度が経過すると、新築時の価格の10パーセントから20パーセントの価値になると言われています。
さらに築30年を超えると、価値はほぼなくなります。
実際に東京都の中古住宅の物件価格をデータ化した結果、土地面積単価は1平方メートル当たり築5年では50万円あった価値が、築15年では40万円、築25年では35万円、築30年以上では20万円を下回ります。
このように築年数によって中古住宅の価格は大きく変動すると言ってよいでしょう。

中古住宅を売却する際のポイントとは

中古住宅の価格は築年数によって変わることが分かっていただけたのではないでしょうか。
ここでは中古住宅を売却する際のポイントをご紹介します。

1つ目は住宅以外の設備を残すか決めることです。
特に迷われる方が多いのが、エアコンや照明器具です。
築年数が浅く、まだ綺麗な状態である場合は、残しておいた方が良いでしょう。
しかし、築年数が長く器具が古い場合は撤去しておいた方が、売れやすいです。

2つ目は清潔感を出すことです。
中古住宅を売却する際に、内見を行うでしょう。
この時に、いかに清潔感を与えられるかが重要です。
内見の前には、掃除や、気になるところはあらかじめ修繕工事を行っておきましょう。

3つ目は、欠陥は隠さないことです。
高く売りたいという一心で、欠陥を見られたくないという思いがよぎるかもしれません。
しかし、そのような欠陥が後々見つかった場合、大きなトラブルになりかねません。
特にシロアリや構造上のトラブル、雨漏りのトラブルは引き渡し後にも、修繕費用を請求される可能性があるので、欠陥があっても隠さないようにしましょう。

まとめ

今回は中古住宅を売却する際の相場と、売却する際の注意点をご紹介しました。
中古住宅の価格は築年数をはじめとしたさまざまな要因で変動します。
当サイトでは中古住宅の売却価格をネット上で査定できます。
興味がある方は是非当サイトをご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。