不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

未入居の中古住宅を売却する際のポイントとは?

中古住宅の売却をお考えの方で、売却したい住宅が未入居住宅であるという方はいらっしゃいませんか。
未入居住宅や新築住宅、築浅住宅などは何が違うのでしょうか。
今回は誰も住居用として利用していない住宅を売却する際のポイントをご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

新築住宅の定義とは

未入居と新築は何が違うのでしょうか。
ここでは新築の定義をご紹介します。
新築の定義とは新たに建築された住宅で、住居用として利用されていないものとしています。
また、だれも住んでいない場合でも、建築から1年以上が経過すると、新築住宅ではなくなります。

ここでいう1年とは、検査済み証に記載されている日付の1年後です。
新築かそうでないかは売却する上で重要なので、確認しておきましょう。
この定義からも分かるように、築年数が1年以内であっても、だれかが入居すれば中古住宅として扱われるようになります。
築浅物件とは、住居用として利用されたことがあるために新築とは記載できない際に利用する表現と思っておいて良いです。

また、未入居物件と新築物件も少し意味合いが異なります。
未入居物件は、建築から1年以上が経過しているが、住居用としては利用されていない住宅に付けられる名前です。
自分が売却したい住宅がどれに当てはまるのか、確認しておきましょう。
どの状態の物件なのかによって、相場など価格が変化します。

住宅をすぐに売る際に気を付けるポイントとは

住宅の呼び方やその意味を理解していただけたのではないでしょうか。
ここからは未入居住宅を売却する際に気を付けることをご紹介します。

1つ目は売ると決めたらすぐに売却することです。
未入居住宅であっても、築年数が長くなると、売れにくくなる傾向にあります。
そのため、築年数が加算されないうちに売却活動を始めることをおすすめします。
特に、建築から1年が経過しているか否かは、とても重要です。

2つ目は価格をやや高めに設定することです。
新築の住宅が良いという方の多くは、未入居がいいからという理由をお持ちの方が多いです。
そのため、相場より高めに設定してみても良いでしょう。
もし、買い手が現れなければ、徐々に価格を落とせばよいです。

まとめ

今回は未入居の住宅を売却したい方に向けて、ポイントをご紹介しました。
売却をお考えの方はできるだけ早めに取り掛かることをおすすめします。
当サイトは売却したい住宅をネット上で査定できます。
売却したいとお考えの方は是非お気軽にご利用ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。