不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地売却をする際に必要な調査とは?解説します

土地を売却したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地の売却の前には調査が必要なことをご存じでしょうか。
今回は土地を売却する前に行う調査について解説します。
是非参考にしていただければ幸いです。

測量とは何か

土地を売却する際に必要な調査とは主に測量のことです。
土地を売ることを決めたら、土地の測量をしましょう。
ここでは測量の種類や特徴を紹介します。

土地を売却する際にはきちんとその土地の面積を知ることが重要です。
測量と言っても自分たちで測量するのではなく、専門家や隣地の所有者なども集まって公式に測量を行います。
土地の売却では正確な土地の大きさなどを知るために、このような大規模な測量が必要です。

測量するだけではなく、測量に基づき測量図を作成します。
この測量図には種類があり、それぞれ特徴があります。
ここでは簡単にそれぞれの図について解説します。

1つ目は現況測量図です。
これは名前の通り、土地の現状やフェンス、堀の状況を確認して測量士が作成するものです。

2つ目は地積測量図です。
土地を分割したいという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような場合に必要なのがこの図面です。

3つ目は確定測量図です。
先ほどご紹介した2つの図面は隣接する土地の所有者の許可は必要ないですが、この図面に対しては合意を得る必要があります。
また、この図面がないと土地の売買においてトラブルが発生する可能性があるため、最も重要な図面と言えるでしょう。

測量が必要な場合とは

では、測量が必要な場合はどのような時なのでしょうか。
ここでは、測量が必要な場合についてご紹介します。

1つ目は境界線が明確にわからない場合です。
土地の境界にフェンスなどが設置してある場合があります。
このように土地の境界とわかるものが設置してある場合は、境界がすぐに判断できるでしょう。
逆に、境界の目安がなく、土地の面積が正確にわからない場合は測量が必要でしょう。

2つ目は土地の価格が高い場合です。
土地はその場所によって価格が異なります。
安い土地であればあまり変わりませんが、高価な土地の場合、数平方メートル異なるだけで、数十万円価格が変動します。
そのため価格が高いと想定される場合は、測量を行いましょう。

3つ目は面積が登記簿の内容と大きく異なる場合です。
基本的には登記簿の面積と同じであるはずですが、異なる場合はきちんと測量しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は土地売却の際に必要な調査についてご紹介しました。
土地を売却する際にはきちんと測量をするに越したことはないでしょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。