不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却をお考えの方へ!売却時の流れをご紹介します

中古住宅の売却をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅の売却には流れがあります。
あらかじめ流れを知っておくことで、スムーズに売却活動ができるでしょう。
そこで今回は、中古住宅売却の流れをご紹介します。

中古住宅売却の流れとは

ここでは中古住宅の売却の流れをステップごとにご紹介します。

ステップ1は情報収集です。
住宅売却の際に重要なのが情報収集です。
中古住宅の売却にはいくら必要なのかや、いくらくらいのお金が入ってくるのかという金銭的なことから、売却のための必要資料、物件の状態についてなど、あらかじめ調査しておきましょう。

ステップ2は査定依頼です。
不動産会社で自分の住宅がいくらくらいで売れるのかを確認してもらいましょう。
当サイトでは価格をその場で出せます。
また、詳細な査定の依頼を出す前に、その業者に依頼を出すかどうかを決められます。

ステップ3は媒介契約です。
仲介を依頼する不動産会社を選んだら媒介契約を結びましょう。
媒介契約には種類があるので、どの契約を結ぶか慎重に考えましょう。

ステップ4は売却活動です。
基本的には、売却活動は仲介約の不動産会社が行います。
しかし依頼する不動産会社の売却活動に問題がないかを、きちんと確認しておくことをおすすめします。
内覧の際には一緒に立ち会いましょう。

ステップ5は売買契約です。
買い手が決まったら、いよいよ売買契約を結びましょう。
契約を結ぶ際には、トラブルを防ぐためにも契約書を隅々まで確認することをおすすめします。

ステップ6は引き渡しです。
契約を結んだら、買い手に物件を引き渡します。
ここではローンの返済手続きや、登記の手続きなどの金銭面での手続きが続くので確認しておきましょう。

中古住宅の売却で注意することとは

1つ目の注意点は、住宅の補修は内覧前に行うことです。
中古住宅の売買の前には、買い手に内覧に来てもらうでしょう。
住宅の修繕をする場合には、この内覧までには修繕工事を終わらせることをおすすめします。

住宅でひどく傷んでいる箇所が見えると、買う気になれません。
買い手に良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

2つ目の注意点はインスペクション対策を行うことです。
インスペクションとは住宅の建物調査を指します。
目に見える箇所だけではなく、シロアリ被害や雨漏りの原因がないかどうかも確認しておきましょう。

まとめ

今回は中古住宅売却の流れをご紹介しました。
流れを知っておくことで、スムーズに中古住宅の売却ができるでしょう。
当サイトでは仲介を依頼する業者を探せるので、ぜひ利用してみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。