不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

分譲マンションの売却をお考えの方へ!必要な費用を紹介します

分譲マンションを売却したいけど、費用はどれくらいかかるのと思っている方はいらっしゃいませんか。
売却する際には、お金が得られるだけではなく、必要な費用が存在します。
今回は、分譲マンションを売却する際に必要な費用をご紹介します。
是非参考にしていただければ幸いです。

分譲マンションの売却で必要な費用とは

ここでは分譲マンションの売却で必要な費用をご紹介します。

1つ目は仲介手数料です。
分譲マンションを売却する際に、ほとんどの方が不動産会社に依頼するでしょう。
売却の仲介を依頼して、マンション売買の契約成立次第その報酬として発生するのが仲介手数料です。
これが、マンション売却でかかる費用の中で最も額が大きいと言えるでしょう。

物件の価格や依頼する不動産会社によって仲介手数料は異なります。
しかし、上限が決まっていて、例えば物件の金額が400万円以上の場合は、仲介手数料は物件の価格に3.24パーセントかけて64800円を足した額が上限になります。

2つ目は登録免許税です。
これは、売却したいマンションのローンが残っている場合に必要な費用です。
まだローンが残っている場合は、売却前に返済を終え、抵当権を消す必要があります。
抵当権を消すためにする手続きに必要な費用だと覚えておくと良いでしょう。

3つ目は登記費用です。
これは、登記簿謄本の住所と住民票の住所が異なる場合にする手続きに、必要な費用と言えるでしょう。
この登記費用は約1万円です。

4つ目は印紙税です。
これはマンション売却の際の書類に貼る印紙の料金です。
印紙税も売却するマンションの価格によって異なるので、確認してみましょう。

分譲マンションの売却で発生する税金とは

マンション売却で税金はかかるのと思っている方もいらっしゃるでしょう。
ここではマンションの売却に関係する譲渡所得税についてご紹介します。
譲渡所得税は、マンション売却額がマンション購入や維持にかかった費用よりも大きくなる場合に必要な税金です。

つまり、譲渡所得税が必要ない場合もあります。
譲渡所得税はマンション売却によって利益が出たら必要であると覚えておくと良いでしょう。
このように、場合によって必要になる場合とそうでない場合があるので、売却価格とマンションを買ったときの価格を確認しておきましょう。

まとめ

今回は、分譲マンションの売却で必要な費用をご紹介しました。
今回の記事が、分譲マンションの売却を考えている方の参考になれば幸いです。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。