不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売る理由について詳しくご紹介します!

中古住宅を売ろうか迷っておられる方は、他の方の売却理由が知りたいところですよね。
また、売る理由は買い手も興味のある話ですので、説明するために準備しておく必要があります。
そこで今回は、中古住宅を売る理由についてご紹介します。

住宅を売る主な理由とは?

一般的に多い理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、より良い住まいに住み替えるため、という理由です。
現在住んでいる住宅よりも、もっと住み心地の良い住宅に引っ越すために売却を検討される方は多くいらっしゃいます。
建物が新しい場合は高値で売れることもあるため、ローンの返済の一部に売却代金を充てられるでしょう。

次に挙げられるのは資金が必要になったため、という理由です。
土地や住宅といった不動産を売れば、資産を現金化できます。
そのため、現金が必要な場合は、不動産を売却することも選択肢として考えられますね。

その他には転勤や転校などで引っ越しする必要があるという理由が挙げられます。
引っ越しする必要がある場合は、既に所有している住宅は不要になってしまいます。
次の暮らしに備えるために、所有している住宅を売る方も少なくありません。

以上が住宅を売る主な理由となります。

売却理由を聞かれた際の注意点とは?

先ほどご紹介したような理由であれば、買い手にそのまま説明できますよね。
ただ、離婚や近隣住民の方とのトラブルなどのように、人には話しづらいような理由で売却される方も少なくありません。
そのような場合は一体どのように対処すれば良いのでしょうか。

住宅を売る理由を告知するかどうかという基準は「新しく住む方の安定した生活を阻害する情報かどうか」になります。
そのため、住宅の価値に関わらない情報は買い手に告知する必要はありません。
具体的には、離婚や近隣住民の方とのトラブルの原因が住宅でない場合は、説明する必要がないと言えますね。

一方で、シロアリや雨漏りといった住宅の欠陥が売る理由である場合は、必ず買い手に説明する必要があります。
これらの説明を怠った場合は、売り手の責任が問われることがあるため注意しましょう。

また、物件内で事件があった場合は告知する必要があります。
過去の出来事で自分が知らなかった場合は問題ありませんが、知っている場合は事故情報もきちんと告知しておきましょう。

まとめ

今回は中古住宅を売る理由についてご紹介しました。
売却理由は買い手に尋ねられることが多いため、説明できるようにしておきましょう。
当サイトでは、Web上でおおまかな売却価格を調べることが可能です。
そのため、中古住宅の売却をお考えの際は、ぜひ当サイトを活用してみてくださいね。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。