不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

土地を手放す方法とは?おすすめの方法をご紹介します!

不要になった土地を手放す場合には、いくつか方法があります。
ただ、どのような方法があるのか、どれがおすすめなのかということはあまり知られていません。
土地をなるべく早く手放すためにはどの方法が良いのか検討しておく必要がありますよね。
そこで今回は、土地を手放す際のおすすめの方法についてご紹介します。

土地を手放す際の方法

土地を手放す際の方法はいくつか存在します。

まず挙げられるのは譲渡する方法です。
土地の譲渡自体は口頭でも成立しますが、口頭の約束はトラブルに発展することが多いため、なるべく書面で内容を明確にしておきましょう。
土地を譲渡する場合は贈与税がかかりますが、これは土地を譲り受けた側が負担します。
譲った側は贈与税に関して手続きすることは特にありません。

次に挙げられる方法は寄付です。
一定の条件を満たしていた場合は、地方公共団体や公益法人に土地を寄付することが可能です。
条件は自治体や団体によって異なりますので、寄付をお考えの場合は事前に調べておきましょう。

そして最後に売却という方法が挙げられます。
現在、土地の売却は当サイトのようにインターネットを活用して手続きを進められます。
そのため、今まで売れないと思っていたような土地でも売れることがあります。
土地が売れれば、当然資金が得られるためおすすめです。
自分で価値がないと考えている土地であっても、まずは売却を検討してみてはいかがでしょうか。

土地売却の注意点

おすすめの方法として売却をご紹介しましたが、いくつか注意点があります。

まず、ローンが完済できていない場合は売却できないということです。
ローン返済が残っている場合は抵当権というものが付いています。
この抵当権は、ローンを完済するまで外すことはできず、抵当権が外れていない場合は売却できません。

ただ、引き渡しまでに完済できれば良いため、土地の売却代金でローンが完済できる見込みがある場合は心配する必要はありません。
そのため完済できるのかどうか、事前に調べておく必要がありますね。

また、不動産会社を介さず、個人間で取引する場合も注意が必要です。
契約書の作成や重要事項説明書などの書類の作成は、専門知識がなければ不備が生まれることがあります。
これらに不備があった場合は、後に大きなトラブルへと発展する恐れがあるため、注意が必要です。
そのため、個人間の取引の経験がない場合は、基本的に不動産会社に仲介を依頼することをおすすめします。

まとめ

今回は土地を手放す際のおすすめの方法についてご紹介しました。
土地を手放す際は売却を検討することから始めてみましょう。
当サイトではWeb上で売却価格を調べることが可能です。
売却をお考えの方は、当サイトをぜひ活用してみてくださいね。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。